市原市議会議員 大曽根友三〜トモゾウ〜のBlog

トモゾウの日々感じたこと思うこと。 たまには市原市の行政ニュースや議会の動き。 本音が書けたら…

2005年10月

竹篭を編む人

竹篭写真は竹かごに「足」をつけているところ
房総半島は温暖なので竹が多いことも特徴。
大多喜の竹の子はかなり有名になりましたが
この地域では昔から竹が生活の中に溶け込んでおりました。

野良仕事で使う背負いかごは
オバちゃんたちの必須うアイテムでありますし
この季節ですと
山芋掘り用、きのこ用など、
形と大きさを用途に合わせて使い分けています。
コンビニのビニール袋などという無粋な方もいますが
きのこや山芋は いかに形を崩さずに持ち帰るかで
価値とその人の技量が測られますので
山に入ることが趣味の人にはこだわりの道具とも言えます。

最近ではこのかごを編む人も減り続け
今では養老渓谷周辺に数人となってしまいました。
それも仕事ではなく趣味の世界で編んでいるようなもの。

使う人のオーダーに合わせて編み上げる職人技も
あと何年もつのかと気にかかるのであります。

交通アドバイザー会議

交通アド会議昨日26日のこと
国土交通省、千葉運輸支局、交通アドバイザー会議という
長い名前の会議に参加しました。

市原市の五井駅から外房の大原まで
千葉県の真ん中を横断している鉄道がありまして
沿線住民の一人としてお呼ばれしてしまいました。続きを読む

加茂里山通信10月号発行

里山通信05.10.20号田舎の超々ローカル紙
加茂里山通信の17年秋号もなんとか発行ができた。

友三が発行責任者を務めてはおりますが
編集長の○久間氏と事務方を務めるK氏で
持っているような編集部で
地域の話題を拾いながら趣味半分で発行を続けております。

今回号は・・・

加茂里山通信を見たい方は《こちら》続きを読む

加茂の里山は大騒ぎ

水仙05.10.23子供会にお願いして水仙の球根植えを・・・
昨年 千葉県と市原市で実施した
「いきいき市原ふるさと事業」に採択されて
道路沿いの花壇に植えた水仙の球根を
花の後に掘り返して保管しておりました。
これが結構 増えておりまして、
今年の花壇にはあまるようでしたので
通学路へ植えることにしました。
水仙
子供の力も侮れません。
23日(日)は子供会が行っている地域の廃品回収日。
少し早めに回収を進めてもらい
10時頃から30分程度の作業。
保護者の方にもお手伝いしていただき
約200個の球根を県道の沿線70mほどに植えました。
水仙ロードが少しづつ伸びております。

田舎の良さ

菖蒲移植完了菖蒲の苗移植完了
昨日、30人を越える田舎のオバちゃん+オジちゃん達が
一日がかりで作業した菖蒲の苗も
写真のようにきれいに植え代わりました。
約1,200屬竜拗姪弔
来年の初夏には菖蒲園になってくれることでしょう。

この田んぼを中心とした集落は全戸で48軒。
この中から30人を超えるボランティアが集まったのは
田舎人たちの結束なのだろう。

この田舎独特の人付き合いを
「良い」と捉えるのか
「うざったい」と考えるのかで
田舎暮らしの生き方が違ってくるわけで・・・

友三はなんとなく
こんな前向きな活動が好きなのである。
続きを読む

谷津田は大騒ぎ

菖蒲苗堀山間の田のことを「谷津田」などと言います。
今日は朝から「菖蒲」の苗を移植しています。
昨年、荒れ果てた田を地域のみんなで整備して
菖蒲を植えたのですが
今年はその苗もかなり大きくなり
「もっと多くの人の目に付くところへ植え替えよう」
となりました。
1班は 苗の掘り起しへ
もう1班は新しく植える休耕田の準備へ。
菖蒲植え替え30人を越える人たちの協力で荒れた休耕田が「菖蒲園」に生まれ変わって行く。続きを読む

出来すぎ

みょうがと唐辛子秋みょうがと唐辛子
真中の卵と比べると大きさが想像できそうです。
唐辛子の大物は結構ありますが
ミョウガでここまで育つものはあまりありませんので
ついつい写真を撮ってみました。

この時期のお勧めはミョウガを入れた「やたら漬け」
レシピは・・・・続きを読む

彼岸は過ぎましたが

彼岸花彼岸花が満開
地域のお年寄りが道路脇に植えた彼岸花が満開になりました。
毎年この時期になると素敵な紅色の帯を見せてくれます。
県道のわき道ですので知っている人しか知りませんが
結構楽しませてくれます。

南房総市

丸山町何の変哲もない斜面ですが
実はこの斜面の中腹が「ログホーム」建設予定地なのです。
館山の隣、丸山町の山中の斜面。
もうすぐ南房総市ですが 
前に広がる山の景観がすばらしい
この温暖の地で第2の人生をスタートしようとしている方が・・・続きを読む

マムシがいたぞ

マムシがいたぞ産直の店先でスネークショー?
友三産直の近所のオバちゃんで蛇捕り名人がおります。
この人は 手でマムシの頭を捕まえてしまうのである。
たぶんコツがあるのであろうが
3m以内に近づけない友三にはとても無縁な話であるのだが・・・
続きを読む
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ