市原市議会議員 大曽根友三〜トモゾウ〜のBlog

トモゾウの日々感じたこと思うこと。 たまには市原市の行政ニュースや議会の動き。 本音が書けたら…

2005年11月

こんな所で暮らしてみたい【鴨川】

土地鴨川1房総半島の鴨川といえば
海あり、山ありのリゾート地として名前の通ったところ。
棚田の風景を守っていこうということで
農業特区にもなった「大山千枚田」は結構有名で
歌手の加藤登紀子さんも鴨川の自然がお気に入りで
永住されております。


自然だけではなく
病院が充実していることでも全国トップクラス。
総合病院として日本のトップを進んでいる亀田病院をはじめ
人口当たりのベット数は常に全国の市の中でベスト10以内にランクされていることは
あまり知られていないかもしれないが統計で示されております。

土地鴨川1−2そんな鴨川で
老舗建設業の社長をしている友人から情報提供。

「自社所有の土地なので相場より安く売ってもいいよ」
「ログホームにはもってこいだろう」
なんて言ってくれました。

場所は 大山千枚田のすぐ近く。
なだらかな南向き斜面で
眼下に広がる田園風景と嶺岡山系北斜面の風景が素晴らしく、
日だまりで暖かいとの評判。

土地鴨川1−3正面に見える峰岡山系の斜面には
美しき日本の原風景ともいえる棚田が広がっている。

詳細は・・・続きを読む

こんな所に住んでみたい(市原市高滝)

土地高滝1こんな所にログホームがあれば・・・
地主さんがたまたま知り合いで
「ログホーム建てるにはいい場所だろう」
「売ってもいいよ」
などといってくれましたので紹介しちゃいます。

現在は「田」として使われているが
無指定地域ですので宅地に転用ができます。
写真の左後方の建物は市原市民病院。坂道を登りますが1分程度。
真後ろは加茂公民館。小学校へは徒歩1分。
コンビにまで歩いても5分とかからない場所である。
土地高滝1−1真南方向を望めば写真の通り。
眼前は高滝湖。ダム湖ではあるが
わかさぎとブラックバス釣りでは全国的に
釣りの趣味のある方に知られているところ。
高滝湖のシンボル的な存在である
加茂橋の赤いシルエットが美しい。
この橋の上で 市原市民花火が打ち上げられるのである。

こんな所ならこんな暮らし方はどうだろう・・・続きを読む

秋の盛合せ

秋の盛合せ秋の盛合せを作ってみました。
平茸・サトイモ・柿・下のほうの紫色は
この辺じゃ「ヌベ」と呼ぶアケビの親戚みたいなヤツ。
近所のオバちゃんは
「アケビは身持ちが悪いからすぐパカッと開くケンガ
ムベはひらかねぇだよ。デンガ そん代わり
紫色に腫れっちまうだよ。」
「時期がきたっば 適当に開くほうが
植物も人もいいっぺ。」

とのことでございました。

とっておき

城山秋秋も深まってきました。
まだもみじは完璧に赤くはなっていませんが
いよいよ見ごろとなりました。

整備されたハイキング道はやはり歩きやすく
道行く同好の人達との触れ合いもありますが
人知れず、昔ながらの風景を残す
「とっておき」を歩くのもまた楽しみである。

友三産直にはそんな
「とっておき」を聞きにくる人たちが
今日も訪れるのであった。

ハワイに住む日本人青年とその仲間が妙なハイテンションで
訪れた。
日本の原風景を見て帰りたいという彼に
ついつい「とっておき」を教えてしまった・・・続きを読む

田舎暮らしに向けて

丸山町星宅地上から念願の田舎暮らしに向けてスタートしたHさん
道路から見上げると山に向かった斜面にしか見えないのだが
建設予定地に立つと素晴らしい眺めとなる。

写真ではなかなかお伝えできないのだが
南側の正面は山の稜線が見事なシルエットを作り
日当たりの良さと見飽きない景色を提供してくれている。

現在は地目が農地ですので
宅地にするべく転用申請中である。

Hさんは夢の実現に向けて着実に進んでおります。

平茸が出ています

ひらたけ友三産直には今年も「平茸」が参上。
このきのこは昨年来物議をかもしている「杉平茸」ではなく
「アカメガシワ」という落葉樹を原木に
天然平茸の菌を付着させて栽培した
半天然・半栽培といった感じのきのこである。
趣味で作っているおじさんが 持ち込んでくれたもの。

きのこ汁などの鍋物には最適でもあるが
特に鳥の皮と一緒に煮込むと
酒の肴には絶品との評判。

醤油1:酒1:みりん1の煮汁で鳥の皮・・・あくまで皮です。
肉を入れると硬くなってしまいますのでお気を付けください。
味の調整は調理する方にお任せするとして
秋の風物として楽しんでいただきたいですね。

ただし 数はありませんので
このきのこを味わえる方は先着4〜5名くらいですが・・・

養老渓谷は大騒ぎ

パークアンドバスライドパーク&バスライド
紅葉シーズンの養老渓谷は毎年来訪者の渋滞で大変だったのです。
なにしろ 自然の散策を目的に各地から多くの方がいらっしゃる訳で
特に紅葉の秋に集中しております。
しがって 駐車場も基本的に整備されていないし
やたらな所に車を止めてしまうと
そこから歩く距離が半端じゃなくなります。

そこで 今年から始まった「パーク&バスライド事業」
駐車場を整備して、シャトルバスを運行して、
来訪者の方たちに楽しく自然に触れてもらおうと言うもの。
続きを読む

今年もさらにパワーアップした電飾

電飾またまた写りの悪い写真
実物を見るとブッタマゲます。
市原市は月崎という所の県道沿いにある民家の電飾。
11月から12月までの期間
わざわざ人が訪ねて見物するほどの力の入れようです。
孫が喜ぶからと始めたらしいが
今では地域の大人たちが楽しみにしております。

丸山浩路を知ってるかい

丸山浩路二日続けて写りの悪い写真となってしまった
肖像権の問題もあるから少しボケていたほうが良いのかも。

丸山浩路、年齢不詳。NHK手話ニュースのパーソナリティ。
携帯電話のようなモミアゲと
教育テレビに似合わない厳つい個性的な顔。
だが友三はこのオヤジがたまらなく好きなのである。

11月17日に先輩であり友人として親しくさせていただいている
OKJ氏がPTA会長を勤める市原市内の小学校に講演に来ましたので
仕事はとりあえず放り出して駆けつけてしまった。

もう何十回と見て、聴いている講演。
この日のお題も・・・
でも同じところでまた目頭が熱くなってしまった。

JCの例会に出ちまったぜ

JC例会青年会議所なる団体がある。
実は友三も年齢制限の40歳まで(社)市原青年会議所に
在籍していたのだが 数年前に無辞卒業しておりました。

なんと理事長などという役職もさせていただき
良き経験をさせていただいた団体なのですが
この夜は最近理事長を務めた卒業生のうち4名に声がかかり
例会のお手伝いをさせていただいた訳です。

写真は来年の理事長予定者の白○君。
がんばって欲しいものです。

青年会議所への思いは(つづき)を読んでください。
続きを読む
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ