2006年01月

2006年01月25日 官民協働

振り返れば早1年。
行政と市民(個人・団体・企業)で協働して
まちづくりをして行こう。
しかし協働するためにはそこに何かしらの「ルール」が必要でしょう。

という事で既に11回目?を数えた「まちづくりルール策定会議」
提言書の素案が姿を現してきた。
「やっと」と言うべきか「良く」と言うべきか
やっぱり1年掛かってしまう。

この後は原案を公示して、パブリックコメントをもらい、
修正をかけて市長への提言書という形で提出へ。

まぁ 今の市長さんが立候補のときに強調されていたのが
官民協働ですから、4月になれば一気に動き出すのでしょうが・・・

今は情報公開ということで
公示やパブリックコメント云々などといいますが
手続きしてもなかなかコメントなんかは付いてこないでしょうね。

1年間関わった方にしてみれば
できるまでの議論を飛び越して
けちを付けられたような形ではイヤなんですが
かといって何の注目も集まらないのもなんとなく寂しいような気もするし・・・

民でできることは民で・官でやることも民で、
自立した大人の市民になりたいと思う今日この頃なのである。

honkab at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 | 6.トモゾウ日記

2006年01月23日 房総といえども雪、雪

雪景色折津観光マップには載っていませんが
養老川と川に削られた渓谷美が結構気に入っているポイントです。

などとホノボノしている暇もないくらい除雪です。
今朝は前日の雪の後が凍結しましたので
作業量はもっとかかりそうです。

この状態の中、何の対策もしていない車の
スリップ事故は確信犯だと思うのですが・・・

昨日の除雪作業中には田舎の底力というか
地域の結びつきの強さの一端を見せていただきました。続きを読む

honkab at 11:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 | 6.トモゾウ日記

2006年01月22日 房総といえども雪

雪景色城山このブログでたまに登場する「城山」
ご覧の通りの雪景色となりました。
雪はすべてのものを白く隠すから見た目にはきれいです。
青空とのコントラストもなかなか良い。
とばかりは言っていられないのが建設業者です。

なにやら8年ぶりの雪の量だそうで道路は真っ白。
ある程度の覚悟はしていましたが
こちらの頭の中も真っ白。

前日は深夜まで1班が危険箇所に融雪剤を散布。
今日も6時前には除雪の段取りと作業の開始。
雪国の方には怒られるかもしれませんが
この雪でパニック状態です。

この状況の中、とんでもない人や素敵な人達の人間模様が・・・
続きを読む

honkab at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 | 6.トモゾウ日記

2006年01月17日 食のこだわりとコスト

養鶏写真は放し飼い養鶏場。

チョッと養鶏場の見学に行ってきました。
この養鶏場はかなり大規模に経営しています。
普通の籠に入れて飼うものは15万羽。
放し飼いは5千羽。
その差は30倍。
しかし手間=コストは放し飼いのほうが上だそうです。

工場生産のような15万羽は卵の回収も機械。
放し飼いは手で卵を拾う人海戦術。
餌やりや水も機械対人間。
比較のしようもありません。

放し飼いはボリスブラウン種という赤玉を生む種類だそうで、
卵の値段は養鶏場価格で1個50円程度。
工場のほうはキロいくらなので単純比較はできないが
スーパー価格から推定しても10円程度か。

どちらを選ぶかは消費者の判断だが
手間がかかって良いものは
高くなることを解ってあげないといけないと
つくづく思うのである。

野菜の違いはもっとあるのだが
その辺はまたの機会に。



honkab at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 | 6.トモゾウ日記

2006年01月13日 房総といえどもスッゴイ物が

梅が瀬つらら1温暖で知られる房総半島ですが
山間部に入ればこんなに巨大な「ツララ」もある。
カメラを構えている人と比較すれば4mくらいだろうか。
加茂里山通信の編集長である○久間氏からの情報提供。
場所は市原市と大多喜町の境目にある養老渓谷のなかでも
ハイキングコースとして人気のある「梅が瀬渓谷」
100mほど離れたところには見事な氷の大壁ができる
場所もあり、何年かおきにNHKも資料映像として
取材に来ているそうだ。

梅が瀬つらら2○久間氏は養老渓谷観光組合の事務局兼広報担当兼観光案内人兼小間使いを自任している。
氏の管理するホームページを覗いてみるのも楽しいかもしれない。
養老渓谷の情報満載。&加茂里山通信もアップされています。

honkab at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 | 6.トモゾウ日記

2006年01月12日 新年早々タイト

青パト新年早々タイトなスケジュールを消化中。
すでに除雪で正月気分は吹き飛んでおりましたが
1月10日は青色パトカーによる防犯パトロールの当番でした。
ナンバープレートは110番。
青色灯は新品。外観の塗装はプロの仕事。
見た目はピカピカでございます。

中身は教習所のお下がり中古車。
17万キロを越える走行距離を誇っている相棒でございます。

まだ雪の影響が残る山道を2時間ちょっとのパトロール。
楽しくもあり・・・○○くもあり。

続く12日。
仲間と発行している「加茂里山通信」の最終編集日。
いつもは編集会議という宴会なのですが
この日は締め切り&最終校正となっております。
20日の新聞折込に向けて印刷所に入れなければならないのだ。

でもやっぱり校正の後は「宴会&夜食」
土鍋で炊き上げるコシヒカリはいつ食べても美味であった。
炊き立てのお米で作るお茶漬けという罰当たりなメンバー。
しかし旨いんです。

試して欲しい土鍋飯。ご飯の粒が立って、ツヤツヤして。
土鍋飯の炊き方は・・・続きを読む

honkab at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 | 6.トモゾウ日記

2006年01月10日 成人式

着物後姿なんと娘が成人式を迎えたとは

二十歳の娘がいるというと結構みんな驚かれます。
地域の皆さんに見守られながらすくすくと育ち
身長が170cmにもなってしまった自慢?の娘でございますが・・・
後姿で登場でございます。

普段はスキューバなどといって海にばかり潜っているみたいですが
この日(1/8)ばかりは振袖など着てそれなりに飾っていましたです。

それにしても最近の「荒れる成人式」
マスコミも荒れる会場の絵がないと困るとでも言いたげに
夕方のニュースに必ず取り上げますが
143万人の成人の中で荒れているのは何人なのだろうか?
比率で言えば小数点以下第何位までというところ。

それより問題は大多数の「非常識」だと思うのですが。
来賓の祝辞中は会場中がプチ同窓会となり
ざわざわを通り越しているらしい。
まるで「保育園の学級崩壊状態」だそうだが
保育園児は幼児ですのであきらめも対処も出来るのですが
成人式の場合は「大人」ですので
もっと始末が悪いということなのでしょう。

うちの奥さんも数年前に何年か成人式の受付をしましたが
「成人式おめでとう」と声をかけて
返事を返せた人は100人に1人いなかったそうです。

さて今年の成人式。
親父というのはだめです。
町会の集会に参加して「めでたい、めでたい」
とお神酒を頂いて 
ただの(・・・を通り越して、スゴイともいう)
酔っ払いになっておりました。


honkab at 11:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 | 6.トモゾウ日記

2006年01月08日 よく降ります

雪景色正月早々から除雪の連続
今年の雪はすごいです。
東北、北陸の皆さんは大変です。
すでに積雪が4mになろうかというのですから。

一方、房総の積雪は 雪深い?養老渓谷で3〜5cmといったところでしょうか。
しかし少なければ少ないなりにそれなりの苦労が・・・

雪国でないだけに「雪」に対する準備をしていません。
ましてうっすらと降った程度では油断が出てしまうのでしょう。
道路沿いには結構スリップによる事故の形跡がありました。

房総半島の中央部は ゴルフ場銀座と呼ばれるほど。
東京、神奈川も含め早朝から多くのゴルファーが車で走っています。
これに地元の車が加わり、それなりの交通量があるわけです。
今年もすでにスリップによるものと見られる
交通事故死亡者が出てしまいました。

橋の上、カーブ、上り坂、下り坂で
「マサカ!!」がないようにしたいものです。


honkab at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 | 6.トモゾウ日記

2006年01月04日 房総といえども雪景色

除雪正月から働くおじさん。
天気予報では雨となっていましたが
3日の夜中に霰(あられ)となってしまいました。

養老渓谷は海のそばより何度か気温が低くなります。
3日の朝の道路は雪景色。
夜明け前から社員を動員して氷を溶かすための薬剤散布となりました。
前の晩(2日)には危ないと思い
危険な箇所に少し散布しておいたのですが
予想を上回る“あられ”でしたので
道路はアイスバーンとなってしまいました。
こんな霰は長いこと道路に係わっていますが初めてです。

雪は車が走ると轍から溶けてしまうので
それほどスリップもしないし、スタッドレスタイヤやチェーンで
対応できますが 霰のアイスバーンはあまり効果が無いようです。

薬剤散布中にスタッドレスタイヤを履いたクラウンが
スリップ。危うく作業車にぶつかるところでした。
真っ白な道路を普通に走っちゃいけません。
雪ならいいでしょうが氷の上ですから。

友三の会社は ログホームは駆け出しですが
道路工事については一応老舗でして
幹線道路の緊急対応についても班長会社ですので
正月といっても緊急出動します。

何かと叩かれる公共工事ですが
生活インフラを守るために働いている者がいる事を
少しでも多くの人に知って欲しいと思っております。



honkab at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 | 6.トモゾウ日記

2006年01月01日 謹賀新年

神社平成18年が良い年でありますように。

地元の氏神様も新年を迎えるための準備をすませました。
町会の若い衆の会でここ数年行っている照明をセット。
参道の左側に(写真では良くわかりませんが)
電球を点灯させております。
何しろ田舎の神社は真っ暗な上に階段も急勾配ですので
信心深い地元のお年寄りや子供たちが
お参りしやすいように照明をつけるわけでございます。

暮れの30日に自宅の正月飾りを付けおえた友三は
照明用の機材を運び、元日に振舞う酒&甘酒用のテントも運び、
と働きました。
何しろ31日にみんなで準備をするところを
打ち収めということでゴルフに行ってしまうので
やれることはやっておいてやろうという罪滅ぼし的行為なのですが
たまたま通りがかった地元の仲間がいつの間にか手伝ってくれて
サクサクと準備が進んでしまいました。

元日は6時30分集合で焚き火の着火をし、甘酒を暖め、
地元の方たちと新年のご挨拶。

平成18年がすばらしい年になることを祈るばかりです。

honkab at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 | 6.トモゾウ日記
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]