市原市議会議員 大曽根友三〜トモゾウ〜のBlog

トモゾウの日々感じたこと思うこと。 たまには市原市の行政ニュースや議会の動き。 本音が書けたら…

2006年04月

いい季節になりました4

こいのぼり
田植えもほぼ終わり、鯉のぼりが空を泳ぐと
やはり春本番。
山は新緑で萌えるような力強さを感じさせてくれるし、
鶯のさえずりも上手になるし、
山の幸も旬を迎える。

筍の本当の旬はこれからだし、
タラの芽、ウド、ワラビの味が出るのもこれから。

養老渓谷周りの田舎はこれからが楽しい季節を迎える。

ちなみにゴルフ場の緑もこれからが美しい。

今年も咲いたチューリップ3

チューリップ
県道沿いの花壇でチューリップが花をつけた。
今年は水仙の花壇と交互に飾ってみた。
ゴールデンウィークをピークにしたかったが
水仙もチューリップも咲く時期が重なり
少し早い開花となった。

球根は昨年分結したものを植えたので購入から2代目となる。
昨年より少し花が小さくなったように感じている。
やはり路地植えで自然に任せたほうが
花が多少小さくなっても数が増えていくので
見ごたえがありそうである。

花壇で魅せるにはやはり新しい球根を購入したほうが良いのかもしれない。
それでも新緑を楽しみに養老渓谷にくる皆さんに
路端のアクセントになってくれれば目的達成ではある。

春を告げる山菜4

こごみ
路山人は「こごみ」を食さなかったのか?
ぜんまいの親戚のようなものだが
採る時期が短いのでなかなか出回らないのだ。
2日もすると伸びきってしまうので
場所を知っている人が採取してきます。
人には生えてる場所をなかなか教えない山菜のひとつ。
灰汁がないので調理に手間がかからないのがうれしい。

ゴミなどが付いていますので良く洗ってください。
そのまま天ぷらがおいしいですが
湯がいて食べても美味。
マヨネーズで良し、オカカに醤油でよし。
癖のなさが大概の調理法を受け入れます。

春を告げる山菜4

ワラビ
「世の中に美味いものが二つあり」
かの路山人が言ったという。海ならば「ふぐ」山ならば「ワラビ」
いよいよワラビも出回ってきました。
子供の頃はワラビの美味さが解りませんでしたが
最近ではなんとなく解りかけてきたような・・・
灰汁を抜かなくてはいけないので料理が苦手な方は敬遠されますが
結構簡単にできますので是非お試しいただきたいものだ。
調理方法はいたって簡単。
続きを読む

官・民協働のルール?

4月14日(金)に市原市まちづくりルール策定会議の打ち上げがあった。
会の流れはこの会議のメンバーであり、友三の友人でもある
M氏のブログに詳しいのでそちらを参照していただこう。
M氏のブログ
M氏は酒を飲まずに運転手に徹していたので
冷静に酔っ払いの動向を見ていたようなのである。
おまけに会の司会進行役も指名され、
相棒が楽しく酒を飲んじゃうK氏が幹事役とあっては
さらに冷静になってしまうのも無理もない。

昨年から14ヶ月に渡って作り上げた市長への提言なのだが
果たしてどんな展開を見せていくのか?
基本的な考えをまとめたものであるから
状況に応じて姿を変えていくのだろうと
その場凌ぎが得意な 民である友三は安易に考えているが
行政側は決めた基本線ははずさないのが官の原則。

そうしたせめぎ合い?のなかから
官と民とが本当に協力して働ける状況が生まれてくれば
楽しいと考えるのだが・・・
いずれにしても実行から成果へとなると時間が掛かる
事だろうし、事例の積み重ねが大切なのだろう。


ちなみに今回ご用意したお酒は
美丈夫の生:薄にごりで酵母が生きているので微発泡。
浦霞の生:浦霞にしては野性的。


モデルハウス内装

TAG内装
ホンカ総武さんのモデルハウス内の様子。
飾り柱を入れたりして見所も豊富。
リビング〜ダイニングも良いですが
もう一部屋、
洗面所兼洗濯ルームといいますか 
家事スペースがとられていました。
主婦の方が喜びそうなスペースです。

それにしてもログホームの中は落ち着きます。
本物の木の家、自然素材に囲まれた室内では
なにか呼吸も深く、ユッタリとなるような気がします。

お隣のディーラーさんとはいえ
それほど交流があるわけでもないのですが
楽しい語らいで時間が経つのが早かったこと。
ログホームはやっぱり良いです。

野田に行ってきた5

TAGモデル外観
モデルハウスです。
とはいっても残念ながら我社のものではなく、
お隣のホンカ・ディーラーである「ホンカ総武」さんのモデルハウスです。
昨年10月にオープン。
早くお邪魔したいと思っていたのですが
4月12日になってしまいました。
フリープランで2階に本社機能とデザイン、設計部門が入り
1階をお客様に自由に観ていただく作りになっています。

さすが先輩ディーラーというアドバイスも頂き、
ホンカのクオリティーを上げていくヒントなど
ノウハウの一端もご教授いただきました。

街角で見つけたホンカ5

TAG遠景
やっぱり「ホンカログホーム」は素敵です。
千葉県の某所で偶然見つけてしまいました。
住宅地の中で断然光っていましたです。
最近のサイディングで包まれた個性のない家と違い
チョッとおしゃれで、
大きな窓がいかにも家の中を
陽だまりのようにしてくれると感じさせてくれます。
遠くからでもいかにも「ホンカ」と思わせる容姿は
さすがです。
TAG近景
近寄ってパチリ。(表現が古いか)
近くで見ると仕上がりも最高。
ホンカのクオリティーの高さを感じます。

早速図面修正

OK氏のご家族の希望を聞いた以上
少しでも早い回答がよろしかろうと
2度目の図面を提出。
もともと標準モデルの図面でしたので
敷地の状態を加味して180度反転したものを作成。

玄関周りを直し、ドアの位置関係も修正してみました。
まだまだご希望のレベルまで昇華しきってはいないのだろうが
これからのプランニングの参考になればよいと
言ったところでしょうか。

ご家族でいろいろ話し合うのも楽しかろうと思います。
なんといっても一生に一度の大きなお買い物です。

>>>これまでの「OKさんの家ができるまで」の記事はこちら

OK氏家族とともに山中湖に行く3

OK家族
OK氏の家族と一緒にホンカ・デザインセンターへ
写真は別荘地を遠くから覗いたところです。
何しろ奥様やお子さんたちは
実際にログホームを見ていなかったので
スケジュールを合わせて是非一度はと計画。
最近のお子さんは結構忙しいので
今日になってしまいました。

山中湖はこれから春を迎える感じでしたが
富士山もなかなか良い姿を見せてくれていました。
残念なことに写真を撮る頃に雲が出てしまい
家族の集合写真が撮れなかったのが残念でしたが
ご家族の夢はかなり膨らんでいたようです。

後は夢を形に作り上げる作業と
夢と現実に折り合いをつけていく調整か。

>>>これまでの「OKさんの家ができるまで」の記事はこちら
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ