市原市議会議員 大曽根友三〜トモゾウ〜のBlog

トモゾウの日々感じたこと思うこと。 たまには市原市の行政ニュースや議会の動き。 本音が書けたら…

2006年10月

オイラのパワー

久しぶりにゴルフに行ってまいりました。
商工会議所の五井青年部さんが25周年を迎えるということで
昼はチャリーティコンペ、夜に式典という日程だそうです。
私は1日中お付き合いもできませんので昼の部だけの参加。
その昔、青年部の部会長をさせていただいたご縁もあり、
(8年ほど前のことなのでみんな忘れているようですが・・・
  実はミス市原コンテストを終焉させた部会長でした)
ゴルフの幹事がいつもお世話になっているU野君と時T君とあっては
断るわけにも行かずというところでしょうか。
天気予報では雨の確率は確か10%だったでしょうか。
でもしっかりと降りました。
同伴者は私のパワーを知っていますので
「最強の雨男」という称号を改めて思い知ったことでしょう。
真面目な話、チャリティ先が児童養護施設ということで
その昔、ここの子供たちにイベントをお手伝いしていただいたことを
思い出しておりました。
続きを読む

田舎暮らしデータバンク

市原商工会議所の加茂支部役員会がありました。
我が方の支部は田舎ですので「商店街」なんてものはありません。
会員は個人商店を中心に小さな事業所が点在しています。
イベントはやり辛いし、商売の情報発信には向いていませんが
これが逆にエリアの情報を全体的に集めるのにはもってこい。
何十年もその地に存在して地元の人間と接していますので
噂話を含めて様々な情報が行き駈っています。
続きを読む

秋の便り

一本シメジ
うれしい秋の便りが届きました。
地元では「いっぽんシメジ」とも
「ニュウドウ」とも呼んでいますが
学術名ではなんといいのだろう?
食し方は味噌汁が楽でよいです。
「毒消し」と称してナスと一緒に味噌汁にします。
キノコ本来の味を楽しむというより
ダシ、風味を楽しむという感じでしょうか。
キノコ自体は味噌汁だと少し苦味が出ます。
続きを読む

菜の花が芽を出した

菜の花の芽
先週の土曜日(9月30日)に撒いた種から
わずか1週間で芽が出ていた。
種まきをした後に適度な雨が良かったのか
はたまた陽当たりが良かったのかは解りませんが
一面に芽吹いていたのは菜の花の生命力の賜物でしょう。
すくすくと育って、来春の黄色い絨毯が楽しみであります。
県道脇は桜の並木もありますので
サクラと菜の花の競演が楽しめるかもしれません。

フィンランド発日本へ

部材積み出し
いよいよモデルハウスの部材が出港。
昨夜は遅くまで地域の広報紙の編集作業をしていましたが
今日は眠い目もぶっ飛ぶうれしいメールが入りました。
モデルハウスの部材がフィンランドを出発したとの事。
まだまだ船に揺られて5週間ほどかかりますが
日本に向かって進んでいることは間違いない。
続きを読む

地酒のプライベートラベル

酒ラベルイメージ
養老渓谷で使って欲しい
地元の蔵で仕込んだお酒を
地元の景勝地を描いたプライベートラベルで飾り
田舎の自然に癒しを求めて、来て頂いたお客様に提供する。
養老渓谷には旅館が11軒あります。
このほかにペンション、民宿、食堂、喫茶店もあり
地域全体で「おもてなしの気持ち」を伝える
ツールになれば良いと思っているのですが・・・
続きを読む

インテリアデザイン

モデルハウス建築に向けて準備中。
午後からはインテリアデザイナーと打ち合わせ。
HONKAディーラーのモデルハウスを何棟か手がけている女性です。
ホンカ・ジャパンの紹介で初めてお会いしましたが
チョッと美形でありました。(セクハラ?
八ヶ岳にある同タイプのモデルも事前に見てきていて
なんとなくイメージはできている模様である。
続きを読む

田舎もの浜離宮に行く

関東建設青年会議の役員会があり東京まで行ってしまった。
なにせ田舎ものですので新橋まで行くのも億劫であります。
千葉県建設業協会の青年会議議長などという
変な役職を押し付けられてしまったので
仕方なく会議に参加するのですが、行けば行ったで楽しいこともあり
同世代の同じような悩みを持つもの同志の集まりですので
慣れてしまえば話も弾みます。
帰りには新橋のガード下の居酒屋で盛り上がってしまいました。

花プロジェクト報告

花プロ06渓谷駅
30日に実施された花プロジェクトの報告(続き)
写真は養老渓谷の駅前の様子。
五井発9:22の小湊鉄道に乗り込んだ参加者は
鶴舞、久保、高滝、里見、飯給、月崎、大久保の各駅で下車。
地元の参加者とともに駅周辺に菜の花の種を撒く。
このあと約90分後に来る12:00養老渓谷駅着の下り列車に乗り
全員集合となり、準備された新米と豚汁で昼食会を楽しむ趣向である。
こんなに行列ができるほどの善意が集まるとは
とっても素敵なことだとシミジミと思うのである。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ