2008年08月

2008年08月19日 圏央道完成延期へ

圏央道マスコミ発表は
既に済んでいましたが
市議会に対して
関係者から説明がありました。
千葉国道事務所や県の担当者などが列席。
正式に1年間の延期が発表されました。
理由は用地買収の遅れから来るものということです。

続きを読む

honkab at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2008年08月17日 関東圏は近い?

守屋エリア産直お盆休暇の最終日は
ドライブドライブ。
帰省中の長女と長男を
両方アパートまで送ってきました。
米を持たせたりするので電車やバスでは
ちょっときついだろうと小旅行気分で出発です。
まずは長男の住む横浜へ。
圏央道も木更津東ICまで出来ていますので
アクアラインを通れば1時間足らず。
お気楽なもんです。
横浜から次はつくばへ。
高速でいけば お盆中でもあり
時間は掛からないだろうと思いつつも
やはり茨城県までと考えれば気合が入ります。
走ってみたら何のことはない
近いもんです。
横浜経由つくばで約3時間ちょっとという感じでしょうか。
帰りはさすがに帰省帰りの渋滞にはまってしまったので
多少時間がかかりましたが無事に帰着です。
写真は守屋SA(下りがわ)の産直テントです。


続きを読む

honkab at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2008年08月14日 高滝湖花火大会

高滝花火山間の湖に
見事な花火が上がりました。
打ち上げ場所が近いだけに
音と花火の迫力が感じられて
お気に入りの花火大会です。
そもそもの始まりは地元の子供に見せるための花火大会です。
その辺のお店に売っている花火で楽しんでいたものが
ダムに水をためる頃に
何んとか打ち上げ花火をやってやろうということで
有志の皆さんが始めた手作りの花火大会。
今では市の主催となり、観光協会が仕切ってくれています。
夏の恒例行事として定着したこの花火が過ぎると
秋が来るような気がします。


honkab at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 

2008年08月13日 盆踊りな日々

下矢田盆踊り今日も暑かったです。
そんななか学生時代の同級生たちと
昼間はゴルフに行ってました。
少し熱中症気味であります。
お盆の休暇中と年末の恒例になっていますが
個人的には結構忙しいので
少し時期をずらして欲しいというのが本音。
お世話になった方の新盆に顔を出したり
夏の恒例行事の盆踊りの日々なのであります。
今日は2会場の盆踊り。
最近では町会単位の盆踊りが減ってしまって
顔を出すのもこの2会場くらいになってしまいました。
準備から運営、後片付けと
こうした行事は主催者が大変なだけに
参加者全員が盛り上げようという意識が大切でしょう。
大変だけど地域の纏まりは
こうした行事の積み重ねから生まれると考えます。
飯給盆踊り2会場目は
過疎と少子化が進む加茂地区です。
でも会場に子供たちの姿が多いことにびっくり。
太鼓も子供たちが叩いていて
盛り上げに一役買っていました。
小学1年生から6年生までの子供が練習を重ねて
本番では大人顔負けの腕前です。
地域の行事に子供のうちから参加して
大きな役割を経験した子供たちは
将来、大きな力となってくれるだろうと期待してしまいました。
地域力はこんな積み重ねで育つんだろうと思いました。


honkab at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 

2008年08月12日 100凖綿發領

100キロ到着(社)市原青年会議所が
主催する100凖綿發領垢
無事到着式を迎えた。
8月8日にスタートした小学生4・5・6年生たちは
そろいの三度笠をかぶってゴール地点の市役所前広場へ。
保護者の皆さんや多くの市役所職員の出迎えを受けながら
ゴールする子供たちの笑顔が輝いていました。
連日の猛暑の中を一人の脱落者もなく
全員が市内100劼鯤發切った。
ゴールした子供たちの達成感や
自信は今後の彼らにとって大きな経験になったことだろう。

100キロ集合この事業は今年で3回目を迎える。
3年連続で300kmを歩いた子や
2年目で200kmの子供もいて
事業の膨らみを感じる。
主催者の趣旨は子供たちの育成にあるが
副次的に(真の狙い?)ボランティアの育成があるということ。
今回は45名の学生+社会人ボラが参加してくれたそうだが
子供たちを無事に完歩させてあげよう、安全を確保しよう、
できれば感動を与えようというスタッフとしての経験は
主役である子供たちより教育効果があると思える。
元気に歩いた子供たち、
支えて頂いたボランティアスタッフの皆さん、
主催した青年会議所のメンバーの皆さん、
普段ならとても信用できなそうなスタッフに5日間も子供を預けた
保護者の皆さんの勇気に拍手です。

honkab at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2008年08月12日 副大臣!

松野副大臣地元選出の
松野ひろかず衆議院議員が
文部科学副大臣に就任した。
ますますの活躍に期待するばかりである。

≪氏のプロフィールはこちら≫

続きを読む

honkab at 09:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2008年08月11日 盆踊りな日々

盆踊り舞台南総連夜の納涼盆踊りです。
昨夜は南総地区の盆踊りに参加。
舞台の立派さにびっくりしました。
周りで踊っている人と対比すると
その大きさが想像できると思います。
天辺も舞台になっていて太鼓が打ち鳴らされていました。
一緒になった市長さんは市内の地域会場は
ほとんど回っているはずなので他地区との比較を聞いてみましたが
「飛びぬけてデカイ」とのこと。
やはり会場に来ていたI部長に至っては
「来年の市民祭りで使いたい」と
早速主催者と打ち合わせまでしていた模様。

・イベントは前年度踏襲型になると段々廃れる。
・合理的に、負担を軽くと言い出すと簡単に崩壊する。
というのは私の持論でして、
こんな大きな舞台が組まれるうちは
まだまだ元気な地域力に期待して良さそうであります。

これからお盆本番!
夜はほとんど踊り会場の日々なのだ。


honkab at 15:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 

2008年08月10日 議長就任祝賀会&・・・

議長祝賀会市原市の市議会議長が
6月の議会で交代した。
8月9日は後援会主催による就任祝賀会。
大半の市議会議員や鈴木県議、
今回の内閣改造で文部科学副大臣に就任した
松野衆議員議員も駆けつけ、お祝いムードたっぷりでした。

立食パーティーであまり食事らしきものが摂れなかった
若手市議のH坂、S木両氏と一緒に昼食。
7月から続いた視察の模様や9月議会へ向けての情報交換。
結構時間を忘れて話し込んでしまうのでありました。



honkab at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2008年08月09日 視察報告

阿波地ビール視察2日目は
本州四国連絡橋が架かり、
高速バスターミナルで地域活性化に取り組んできた
淡路市へ。≪淡路市も合併した市≫
阪神淡路大震災の傷跡から地域復興、そして活性化へ。
フェリーが交通の柱だったエリアが連絡橋のために
どう変わってきたのか。
当初のもくろみと今の現状は?
聞きたいこと、見たいことは山ほどありました。
観光客の誘致と交流人口の増加。
交流から定住への取り組み。
遠かった都会(大阪、神戸)が近くなった地域の移り変わりには
とても興味深々でした。
写真は深夜に地ビールの味を確認している所。
続きを読む

honkab at 09:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2008年08月08日 行政視察

朝来市クライン6〜8日の間は
行政視察でした。
写真はクラインガルテン「伊由の郷」です。

市原市に圏央道がとおり、
(仮称)市原南ICが予定されています。
インターチェンジを起点として市原市の南部エリア
さらには中房総地区の活性化を図りたいという意味で
議会にも特別委員会が設置されていて
先進地をじっくりと調査するのが目的の視察でした。
初日は≪兵庫県朝来市≫
合併で誕生した新しい市ですので
名前を聞いてもなかなかピンときません。
兵庫県北部の但馬地区にある人口3万6千人ほどの山間部の市です。
行ってみて知りましたが
生野銀山があり、織田、豊臣、徳川の直轄地であったこと、
竹田城祉という戦国末期の山城の石垣がきれいに残っている、
(黒沢監督の影武者と角川映画の魔界転生のロケ地だそうです)
などが特徴という飛び抜けた物もないような山間の町。
28万都市の市原からなぜに朝来市なのか?
飛行機と電車を乗り継いで7時間以上をかけてまで
なぜ視察地に選んだのか?
行ってみて良く解りました。
設定をしていただいた皆さんありがとうです。
市原にも有ったらいいなと思っていたクラインガルテンも見ることができました。

続きを読む

honkab at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]