2010年11月

2010年11月30日 心に響いた手作りコンサート

市民の森イルミ2010昨日書ききれなかったもう一つの行事。

市民の森のイルミネーション点灯を確かめて
紅葉帰りの渋滞にイライラしながら
18時開会の手作りコンサートに滑り込みました。

10年前(もう、そんなに経つのか)
地元の中学2年生の子供が交通事故で亡くなりました。

普段と変わらない普通の朝を過ごし、
元気に「行ってきます」と自転車で家を出た彼は
自宅から500mほど先で車とぶつかり、
そのまま帰らぬ人となりました。

ご両親の悲しみは・・・想像も及びません。

中学校でも彼の命日には
「命を考える」全校集会を毎年行っています。

そんなご両親が「皆さんに励まされた」というお礼を込めて
このコンサートを企画され、
当時の同級生たちがお手伝いしながら開催されました。

自分の子供と同世代であり、
PTAの役員もしていたり、まして地元の小さな小中学校で
顔も知っていましたので当時のことが思い出されてしまいました。

その頃、(社)市原青年会議所では通学2年生を対象に
洋上セミナーと言う青少年育成事業を行っていました。

亡くなってしまった彼も参加予定であり、
そんなことにもご縁を感じていました。

北海道に1週間ほど生徒を連れて行き
その中で様々な研修を行う洋上セミナーのなかに
「親からの手紙」という企画がありました。

参加生徒には内緒で保護者の方に生徒あての手紙を書いていただき、
「あなたが子供でよかった」「あなたを愛している」という
普段、面と向かっては言えなくなった
メッセージを込めていただいていました。

亡くなられた彼にはこのメッセージは届きませんでしたが
逆に、彼から大きなメッセージを残されてきたことを強く感じる
時間になりました。







honkab at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2010年11月29日 体と心にハードな日

市民の森イルミ2010昨日28日はハードな1日でありました。
早朝から地元町会&関係者で
今回で80回を数えるゴルフコンペに参加。

会場はいつも同じなんですが
関東でも難しいことで有名なオークビレッヂG.C.です。
天気は良かったものの風が強かったので
スコアは・・・

そもそも地元にゴルフ場ができるということで
始まったゴルフの集いですから会場は同じになるんです。
以前は東ハトレディスという女子プロの大会の常設コースでした。

当時のオーナーの強い希望で
女子プロ大会用のコースとして設計されていて、
なおかつアンダーパーの優勝はさせないと豪語していたくらいですから
難しいのは当たり前なのであります。

今では普通になった感がありますが(当時は珍しかった)
東ハトレディス開催当時は
地元ボランティアが大会運営に参加していました。

コース誘導や「静かにしてください」ボード、OBラインに張り付きなんて
仕事もありました。食堂で皿洗いまでやったお母さんたちもいましたっけ。

このコンペの参加者たちはそんな経験をした方たちが多く残っています。


写真は17時から点灯された
市原市 市民の森のイルミネーションです。
今年は更にバージョンアップされています。

山のなか、街灯も無い暗闇、空には星だけ。
そんな異空間を感じさせる、よそにはちょっとないイルミネーションです。
昨年から始められた小湊鉄道のイルミネーション列車も
さらに力が入っています。

≪小湊鉄道のイルミネーション列車の詳細はこちら≫

地元ボランティアの協力による
沿線各駅の飾り付けも済み
(駅によってはちょっと?なんてところもありますが)
多くの皆さんの来場を待っています。

そのあともう一つの行事に参加。
そちらは明日にでも・・・

honkab at 10:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2010年11月26日 ホンカ房総のモデルハウスでは

カントリードールモデルハウスのギャラリースペースでは
今日から28日(日)までの3日間
カントリードールの展示が始まっています。

昨日の夕方には飾り付けも済み、
かわいい人形たちが来場者を待っています。

作者の方も常駐していてお話も聞けますし、
購入もできるそうです。

毎回、カントリードールの展示は期間が短いんですが
根強いファンが多いのが驚きなんです。
いつもたくさんの方が来場していただいています。
そして早々と人形の数が減っていきます。




honkab at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2010年11月25日 養老渓谷 紅葉情報

大福山2010112323日に養老渓谷・大福山にある
白鳥神社の秋季礼祭に行ってきました。
ここ数年は氏子の都合も考慮して
11月23日の祝日開催が恒例になっています。

朝のうちは雨模様だったので
大福山に向かう道すがら望まれた山々の紅葉は
霞がたなびいて、荘厳と言うほど見事でありました。

その景色だけは
ワザワザ見に行かなければ見れないものですので
何となく得をした気分でありました。

写真は祭礼が終わってから神社の下で撮影したものです。
山頂では紅葉もピークという感じです。

道々のモミジも
今年は特に色づきが良く、遠くから眺めるもよし、
樹の下から陽に透かされた赤を楽しむもよし、というところでしょう。

23日は天気のせいもあるんでしょうが
人出も少なく、代わりに車で県外ナンバーの方が走っていましたが
ハイキングコースは道も狭く、駐車場所も限られていますので
できることならば
歩きながら自然を満喫していただきたいと思います。

27日、28日の週末は小湊鉄道の養老渓谷駅近くで
パーク&バスライドもやっていますので
そちらの利用もお勧めです。



honkab at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 

2010年11月23日 行政視察に行ってきました(石垣島編)

巡視船沖縄から石垣には飛行機移動です。
空港がまだ小さいので
当然、飛んでいる飛行機も小さく、
ジェットとはいえ、小さいだけによく揺れます。

もともと、
紙でできた紙飛行機がよく飛ばないのに、
鉄でできているものが空を飛ぶことが
理解できない体質ですから(一応理系卒ですが)
揺れると心臓に負担がかかります。

来年3月には3000m級の飛行場ができるそうで
地元では観光振興に一層の期待がかかっています。

写真は
この時期には外せないと行程に入れられた
海上保安庁 石垣管区の巡視船です。
管区の事務所前にはいまだマスコミがいましたが
港は人もいなく、静かなもんでした。

石垣島は人口約4万8千。
滞在人口5千人と言われる観光の島です。

この日も高校の修学旅行のバスと行く先々で一緒になりました。

高校生は見ていると学校によって違いがすぐ解るので
面白いもんです。

女の子は「化粧にどれだけ時間かけたんだ」
「そのまつ毛はかなり重たそうだ」
などと感心させられるような学校あり、
「スッピンが美しいのよ」とばかり、
薄紅も引かないような学校ありで、観ていて飽きません。

ただし
石垣には団体がバスを連ねて食事をするような施設が少ないので注意です。
(市原にもありませんが・・・)

石垣の民話を若い人が語るなど
観光振興を島人たちがみんなで考えているようなところがあり
タクシーでもバスでも
関係者は石垣をはじめ八重山の島々の魅力を語ります。

当然サンゴ礁も美しいのですが
こうした島人のホスピタリティは見習うところ大です。

しかし
巡視船に体当たりする漁船。
まるで英雄のように扱われる船長。
かたや
法律の壁のなか、身体(船体ですが)を張って
国境を守ろうとしながら批判的にマスコミにたたかれる保安庁。

観光振興で島の暮らしを守ろうとする島人。
南国のリゾートと思われる島が
実は日本の国境の最前線であるという現実。

市原から見ていると
そうした現実が良く解らないだけに実感させられました。

教育も大事だよなどと言いながら

・・・そんなこんなで泡盛の夜が更けてゆきました。




honkab at 07:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2010年11月22日 行政視察に行ってきました(沖縄・石垣)

沖縄の夕日沖縄の海に沈む夕日は
なんと美しいことか。
などと感傷に浸ってしまうのでありますが
行政視察で行くと
観光入込数はどのくらい?とか
雇用はどのように?とか
余計なことを考えてしまいます。

日程は11月11日〜13日。
沖縄名護市と石垣島を2泊3日で見て回りました。

ちょうど知事選がスタートした日に沖縄入りであります。
(選挙カーも走っていました)

地方に行って感じることは

市の税収(市民税+固定資産税)に国からの地方交付税で
その地域が成り立っている。

国からの地方交付税が多いところ=自身の税収だけでは予算が組めない
はずなのに、
交付税が多いところの方がなぜか立派な施設が多い。

交付税を使って(国の補助金)いろんな政策を実施していること。

などでありますが
名護市などはこれに基地があることによる交付金まであるんですから
市の収入的にはうらやましい限りです。
(基地があることの是非には触れませんが・・・)


沖縄はインターネット回線のインフラが
全国でも早く整備されましたので
これを利用した企業誘致にいち早く取り組んでいます。

(市原はいまだISDNが多いのであります)


ネット証券、ネットの通信販売、コールセンターなど
都市に立地しなくてよい分野はたくさんあります。

沖縄では
こうした企業に対して
格安のビジネスセンターを作り、
居住用の住宅地開発を誘導し、道路、上下水道を整備する。

そこから雇用を生み、人口増と宅地化による固定資産増を図るという狙い。
さらには労働世代=子育て世代の増加による
消費拡大にもつながっていくという循環を生もうとしています。

沖縄に行かれた方はよくご存じの
オリオンビールの製造工場がもとから名護市にあるそうですが
こちらの雇用が約150人。
セメントの製造工場(大きく山を崩していました)
の雇用も150人規模だそうですから
10人を雇用するコールセンターが10事業所入居すると
その雇用効果は大きな比率になります。
(実際にはもっと多くの雇用が生まれているそうです)

地元の県立高校にはビジネス科があったり、
近隣で設立した大学があったり、
国立沖縄高専もあったりで
人材の育成にも熱心でした。

需要と供給、鶏と卵の関係ですが
地元で育成した人材が地元で就職できる体制づくりが
両立している事がうらやましくあります。

そういえば工場がたくさんある市原市に
工業高校がないのが不思議だったなんてことも
改めて思い出したりしました。

トータルの政策をカバーしている事と
説明にあたった担当者(女性)の熱意に感心した事例でした。

圏央道が走る市原市南部には
安い土地があり、
仕事の都合で流失する若い人材があり(だから過疎なのである)
ama●z●nだって楽●だって流通センターを作っても
光回線さえあれば
断然有利なのだろうけど
それには
センター用の土地の手当てや
社員用の住宅(空き家はいっぱいありますが)
コーディネートする熱意ある担当者が必要なのだろう。

などと感じてしまうのでありました。

honkab at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2010年11月19日 小湊鉄道の各駅では

かずさ大久保駅ライトアップ房総のローカル線として
一部には大人気の小湊鉄道の駅が
ライトアップされます。

今日は国本一心会の皆さんが
かずさ大久保駅の飾り付けを行いました。

昨年から始まったこのイベントですが
今年は飾る駅も増えて、
多くの皆さんを楽しませてくれそうです。

≪ライトアップ列車も走るのでこちらもチェック≫


年々凄さを増している(きれいを通り越してすごいことになっているの意)
市民の森のイルミネーション点灯式は

11月28日(日)夕方からです。

日中もイベントがありますので
ゆっくりと紅葉を楽しみながら自然を満喫してはいかがでしょうか。


honkab at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 

2010年11月18日 養老渓谷の紅葉情報

城山20101119関東で一番遅い紅葉と言われる
養老渓谷も いよいよ色づいてきました。

自分的には
昔(戦国時代)に砦があったと言われる
地元では通称「城山」を眺めるのが好きなのですが
小湊鉄道の月崎駅から柳川へ向かう
もみじが良いという人もいます。

その辺は好みですが・・・

11月23日(火・祝)には
大福山の白鳥神社で秋季祭礼がおこなわれます。

境内ではお昼ころから神輿も出されます。
田舎のお祭りを見たいかはハイキングがてら
いかがでしょうか。
(境内に上がる石段は少しきついですが)

氏子の皆さんによるトン汁サービスも行われます。
(多分)

honkab at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 

2010年11月09日 私は旅人?

赤福本店行政視察は2泊3日。
帰ってきて家で1泊。
翌早朝には地元の会で
伊勢に向かって出発である。

一度は伊勢参りに
行ってみたいとは思っていましたが
かなりのハードスケジュールでありました。

しかし便利になったもので
高速バスで品川に行けば
すぐ新幹線に乗れるのですから
交通には不便を感じません。

伊勢神宮にもお参りを済ませ
赤福本店(写真)も観たし、牛鍋(松坂牛?)も食したし
満足満足の旅でありました。


日本中から参詣に来る神社あり、
お土産の定番赤福あり、
ミキモトに代表される真珠という特産品あり、
海の幸、温泉、ホテル旅館という観光資源はできているし、
近鉄も頑張って公共交通機関もしっかりしているし、

この辺りは良いですね〜
とお世話になったタクシーの運転手さんに話しかけると
こんな答えが…

・・・若いもんはみんな大阪・神戸に出て行ってしまって
この辺りは高齢化が進んで困っている・・・

確かに運転手さんの年齢はそのとおりなんですが・・・

これだけ社会資本が整っているのにですか?
ちょっと複雑な心境になってしまいました。

みそかつ丼帰りは名古屋で
みそかつ丼でした。

名古屋の食文化は独特だといつも思います。



今月はまだ行政視察(2泊3日)が2つ残っている。
旅人月間なのであります。



honkab at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2010年11月06日 ギャラリー・あそうばらの谷開館

あそうはらの谷外観養老渓谷に新しいギャラリーが
オープンしました。

写真のように
築100年を超える古民家です。
のどかな自然の中にたたずむ
落ち着いた雰囲気のなかで芸術に親しむという趣向。

市原市の観光協会が
高滝湖畔の水と彫刻の丘を管理していますが
これの分館という位置づけです。

あそうはらの谷なかには現代アートが展示してあります。

芸術のことはよく解りませんが
外の紅葉・古民家・アートの組合せは
「良い」と思います。

縁側で暖かいコーヒーなんぞを頂ければ
もっと「良い」と実感できそうですが
そのようなサービスはなさそうです。

おいでになるときには
駅前の角屋商店で缶コーヒーをお買い求めください。


それにしても
この古民家を良くきれいにしたものだと感心です。

担当の女性は
何度もくじけそうになりましたと本音を漏らしていました。




honkab at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]