2011年06月

2011年06月22日 五井駅西口の活性化会議

TMO会議資料五井駅周辺の活性化に取り組んでいる
TMO(タウンマネージメント)の会議に参加してきました。

東口は
中心市街地活性化の補助金も出ていますし
カインズが出店、ケーズ電器ももうすぐ開店、
ヨーカ堂も出店計画を煮詰めているようです。

西口は
旧ヨーカ堂が撤退して1年。
ラオックスも閉店して西口全体が廃墟に近づく気配が濃厚です。

そんなところから活性化に向けた会議が持たれています。

旧ヨーカ堂跡地は市原市の地所で
店舗の建物は大手不動産会社の所有という関係になっています。

大手不動産会社は
跡地の地代と建物の固定資産税を払い続けていますが
稼がない建物のために
払い続けることは企業にとってはお荷物になっているはずです。

多分、1日でも早く手を引きたいのが本音でしょう。

近隣の商店やテナントビルは
これまでヨーカ堂の効果で人が動いていたのに
人通りが絶え、なお且つもうすぐ東口の開発が姿を現して
集客力を取られることが見えていますので死活問題です。

東口が栄え、西口が沈んでいくという構図は
市原市のまちづくりにとっても大きな問題点になります。

私は西口に市役所機能を持ってくれば
そうした問題解決には一番効果的だという考えですし、
できれば保健所はじめ県の出先機関まで入る
合同庁舎に発展すればいいと考えていますが
果たして行く末はどうなるんでしょう。

五井駅に通う市民が増えることで
小湊鉄道も活性化しますし、バス路線の充実にもつながるはずです。

五井だけの問題ではなく、
市原市全体の問題としてとらえる必要があると主張しています。




honkab at 22:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)議員のお仕事 

2011年06月21日 蛍パトロール

蛍パトロール蛍パトロールに行ってきました。

←まっ黒の写真です。
携帯で蛍が写るわけがないのは承知の上ですが
それでも闇夜に飛んでいる蛍が嬉しくて
カメラモードで撮影してみました。

国本一心会の皆さんのフィールドは
沢川が流れ、休耕田から里山に続く稜線に
自噴井戸と清水が流れていますのできれいな水が豊富です。

カワニナの餌になるセリやクレソンもタップリですので
もともと蛍はいたのですが
最近の一心会の手入れで水路や休耕田がきれいになっていますので
かなり蛍の数が増えてきたんではないかと期待していました。


高滝ダムができたおかげと
田んぼを作らなくなったことで
農薬の散布が無くなり、蛍にとっての環境も良くなったみたいです。

私が数えたところでは水路側に30匹くらい。
沢川側にも同じくらい。
100匹には足りませんが
闇夜に映る蛍の数は確かに増えているように感じました。



honkab at 06:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 

2011年06月20日 一心会活動再開

一心会23年6月長いことブログを留守にしておりました。

2カ月以上のご無沙汰でしたが
これからは以前にも増して情報アップに努めますので
宜しく御贔屓を賜りますようお願いいたします。

私のイベント参加にお付き合い頂いていた
「国本一心会」の皆さんも活動再開です。

再開初日の朝はもちろんミーティングからはじまります。
濃いめの緑茶とらっきょうの漬物が会議のお供になりました。

らっきょうも2軒の家から持ち寄られ、味比べとなります。

漬けた期間によってまろやかさが違いますので
個人の好みとは言え、アァでもないコウでもないと話が弾み、
そのうち我が家の秘伝の漬け方にまで話が及び、
本題の草刈りの打ち合わせにたどり着くまでには
相当な時間がかかります。

しかし
この横道にそれて行く話が面白いし楽しいのでもあります。
最近では蛍が増えてきたとの報告もあり、
お聞きすると
夕方は蛍パトロールもしているようです。

人によって評価がまちまちなのが楽しいのですが
20〜30匹という人がいれば100匹に近いという人もいます。

評価はまちまちでも
皆さんの想いは
乱舞する夏の蛍につながっている事だけは共通です。

7月には彼岸花の植えつけも計画されていますし、
大イベント中もこつこつと続けられていた
モミジの移植(山から苗を掘り出してくる)も済んでいますから
これから秋に向かって、作業量は増えるばかりでありますが
楽しみも待っています。


そんなこんなで週末は草との戦いに明け暮れていた一心会の皆さんの報告です。

(私はいまだ身辺が落ち着かず、お茶を頂くだけでありました)








honkab at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]