2011年08月

2011年08月10日 彼岸花が咲いていました

国本彼岸花
7月23日に植えた球根から早くも花が咲いていました。
最近の陽気の変化で季節を勘違いしたのか
はたまた植えた時期の問題か、

植物のことはよく解らないのですが
わずか2週間ほどの間に花を咲かせるとは
先々に期待が持てるではありませんか。

国本彼岸花2
彼岸花個々を見ると、
花の付き具合は線香花火のようですし
植えた球根全てが咲いたのでもないので
9月のお彼岸に向けて
また咲くのかな?などとも思ってしまいます。

早くも肥料の心配を始めた一心会のおバァちゃんたちでありますが
願いは滝の周辺一面に咲く彼岸花の姿であります。

honkab at 11:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月09日 国本の滝がもう一つ出現

国本の滝かまやつ
よし掘りの滝、牛掘りの滝と
これまで「音はすれども姿が見えず」だった滝を
復元してきた国本一心会の皆さんが
また新たに一本の滝を見えるようにしてくれました。

これまでは下側の1段だけが見えていて
水量が豊富なことは解っておりました。

まわりは竹で覆われていて、1段だけの滝だとばかり思っていたので
よし掘りの滝のすぐ近くだというのに
誰もきれいにしようなどとは思っていませんでした。

それが 周りの竹を刈ってみると
なんともう一段、
それもかなりの高さがある滝が隠れているではありませんか。

写真でも奥の滝が確認できると思いますが
水量といい、姿といい、かなり立派な滝であります。

山の中の滝というと
到達するのに、
かなりの山道を歩かなくてはならないイメージもありますが
国本の滝は道路沿いで
車ですぐ近くまで行けます。
というより車の中でも見ることができます。

≪滝のある周辺地図はこちら≫

お勧めは
県道沿いにある一心会の活動小屋周辺に車を止めて
1匱紊里散歩で里山の景色を楽しんでいただきながら
向かっていただいた方がいいのではないでしょうか。

帰り道は途中から川沿いの道に降りていただき
小川のせせらぎを聞きながら、
野鳥の声やカエルの合唱を楽しんで歩く。
(今年はなぜか鶯がよく鳴いています。今なら蝉の声も)

気がつく人は(池があるので解りやすい)
上総掘りの自噴井戸から湧き出る冷たい水でのどを潤す。

気楽に里山の自然に触れ合える場所になっています。

ただし  たまに蛇にも会いますから
棒を一本持った方が安心かもしれません。

honkab at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月08日 8月は忙しい田舎暮らし

椿の実国本の滝のそばには
天然の椿が残されています。
この前滝を見に行ったら、たわわに実がなっていましたので
(本文とはあんまり関係ありません)


8月と言えば盆踊りであります。
市議会議員ということで結構ご案内が届きます。
なかなか全部は回れないので
近場を優先にお邪魔することにしています。

6日(土)は福祉施設と地元町会の合同盆踊りに顔を出してきました。
毎年多くの参加者が集まるうえに、
施設の入居者も楽しみにしている行事です。

近所のバァちゃんたちも何人か入居していますので
元気にしているかどうか、顔を見るのも恒例行事となっています。

他にも2か所ほど盆踊りがありましたが
そちらは失礼して、お年寄りに愛嬌をふりまいておりました。

盆踊りに行く前には
近所(組内)のおじぃちゃん(85歳)の葬儀のお手伝いをしておりました。
いくら忙しくても組内のお葬式は外せません。
幸い、皆さんの計らいで受付の責任者でしたので
暑いさなかの墓周りの作業は免除でした。

菊作りが趣味で
秋になると立派な菊を届けてくれた人でしたが
厳格で、しきたりに厳しいご意見番的な存在でもありました。

お孫さんも大勢いらして、人生を全うしたなという感じですが
このジィさんはどうやら孫には甘かったらしく
孫たちにはしきたりまでは躾けていなかった様子。

通夜の時のことでありましたが
孫の一人が誕生日だったらしく、「おめでとう乾杯」
という大きな声が・・・  

告別式の後の精進落としの席では
献杯というものがありますが
なんとグラスを合わせて、
カチン、カチンという音がこだましておりました。


7日は新盆のお宅にお見舞いに回ります。
公職選挙法の関係で無関係のところには行きませんが
親戚づきあいは外せません。

そんなこんなでお盆に突入していくので
世間一般で言われるお盆休暇とは無関係になってしまうのであります。

それが田舎づきあいでして、
これを面倒と思うか、連帯感の基と思うかで
田舎暮らしの善し悪しが現れてくるのではないでしょうか。




honkab at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2011年08月01日 週末は結構忙しかったので

日曜日は
朝から青少年育成のつどい大会に顔を出してきました。

自分が子供のころから続いている行事で
男の子はソフトボール、女の子はミニバスの大会となります。

例年は暑くて、あいさつの中に必ず「熱中症に気を付けて」と入れるんですが
今年は涼しい。
体育館も全然暑くなっていない。
運動するにはいい気候になりました。

グランドに出てソフトボールの観戦に向かったのですが
シートノックが終わり、選手集合となったところで
突然の    
グランドはあっという間に水浸しとなって試合中止。
これまで練習してきた子どもたちはがっかりでした。

でも、子供はやっぱり元気だし、遊びの天才です。
雨のなか遊びまわる姿は放射能の心配などお構いなしです。
見ている方がオロオロするばかりなのでありました。

鳶まとい
  ↑ 写真は正月の奉納はしご乗りです。

午後には
顧問をさせていただいているトビの皆さんの総会と懇親会に出席。
優しい妻が運転手を買って出てくれたので
珍しく(と言われてしまいました)
時が過ぎるほどに酔っ払いと化していくのでありました。

トビの皆さんは地元密着型の人が多いので
地元情報は豊富であります。
敬老会のあり方や、学校の学区割りなど
ためになるお話が聞けました。

そんなこんなで今日も酔っ払い。
最後の吟醸会(本当の酔っ払いの会)には
とても体が持たないということでドタキャンとなってしまったのであります。
幹事のS様、電話をくれた貫ちゃんごめんなさい。

honkab at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月01日 週末は結構忙しかったので

金曜、土曜とISOの審査に立ち会っていました、。
導入した時の責任者として、
運用の改善点を考える参考にならないかとの思いもあったので
オブザーバー的な存在でしたが
しっかりと審査員の方のお話を聞いてみました。

「変えていいんですよ」とは言われるんですが・・・
マニュアル変更にかけるモチベーションが
なかなか上がらない今日この頃なのであります。

土曜日にも審査をして頂いたことには
スケジュール調整がしんどい
私にとってはありがたかったのですが
マニュアル変更となるともっとしんどいことになるのが見えているんで

そんな小難しい審査を受けたあがりは
「暑いから一杯やっべぇ」と前から言われていた地元の皆さんと乾杯であります。
もっともこの人たちは暑かろうが涼しかろうがなんです。

宴会を抜け出して盆踊り会場へ。
町会単位で行われている数少ない盆踊りで
地元の皆さんの手作り感いっぱいのであります。

そうして土曜の夜は酔っ払いでありました。



honkab at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]