2012年01月

2012年01月29日 南房総市の三芳村まで行ってきました

HONKAディーラーになりたての頃
第1号のお客さんになる予定だった方から
連絡がありました。
モデルハウスにも訪ねていただき
(当時はモデルハウスの計画さえなかった時期)
再度見積もりのうれしいお話を頂きました。

契約寸前にご家族でハプニングがあり、
HONKAへの夢が止まったまんまでしたので
再度、プランのご提案に伺う事になりました。

大多喜のW邸の進捗を見て、外房へ。
海を見ながら旧三芳村へ。

ビンゴバーガーHONKAが大好きな方でもありますので
話も尽きないのでありましたが
楽しい時間を過ごさせていただきました。

行ったついでと言ってはなんですが
スイセンロードなんかもドライブしたりしまして
そちらも楽しんできました。

三芳村の道の駅で頂いた「BINGOバーガー」
絶品であります。

近くに寄ったらなどと言わずに、
これを食べることを目的に出かけても良いくらいであります。

≪詳しくはこちら≫

常連さんは事前に到着時間を電話しておくらしいのであります。
待ち時間の軽減だけじゃなく、売り切れ前に確保するためらしい。


honkab at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2012年01月24日 雪景色

雪2012.1.24南市原でも雪景色です。
里山もうっすらと雪化粧をして、青空とのコントラストで
とってもきれいであります。

雪国ではありませんので
皆さん慣れていませんから道路は大渋滞です。
今朝も先頭車両が15卅行で行列になって走ってきました。
タイヤがノーマルなのか安全運転なのか解りませんが
事故を起こすよりはよっぽどましなので
車間距離を充分とりながら後についてまいりました。

雪となると
夜明け前から建設会社は雪かきに出動します。
ドライバーの方がスタッドレスに替えるか
チェーンを装着していただけると
そんな作業はしなくても良いのですが・・・

もっとも
同じ市原市内でも海沿いの地域には雪が無いとか。
見たわけでもないので真偽は解りませんが・・・
市原市は広い

渋滞の中で見たんですが
脇道から入ろうとしてきた車。
ノーマルタイヤでチェーンなし。
駆動輪が空回りで、お尻を振りながらドラフト走行してました。
怖くて近くに寄りたくありません。

天気予報でもさんざん雪って言ってたのに、
朝起きたら一面の雪景色なのに、
何の準備もしていないの?

お願いだか、事故だけは起こさないでね。




honkab at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2012年01月17日 議会改革プロジェクト

市民の皆さんから
もっと信頼される議会を目指して・・・
という意気込みで議会改革に取り組んでいるプロジェクト会議も
基本条例制定に向けての小委員会での議論に移ってきました。

これまで条例案のイメージの共有という感じでしたが
小委員会に分かれての条文作りへと進んでいます。

私のイメージとして
これまで議会で重きを置かれてきた
行政のチェック機能に合わせて、議会からの政策提言を伸ばそうと言う部分を
今回の基本条例にどう盛り込むかが大事だろうと思っています。

市民の皆さんの声を
「聞き」「議論し」「反映させ」「報告する」という市民の声の循環を
どういう風に仕組みづくるのか
その仕組みを充分に機能させるのか
政策発議をするための議員間討議の仕組みや風土づくりなど
まだまだ頭の中のイメージと実際の条文との整合性とが
噛み合っていません。

それこそ小委員会での議員討議で答えを出して行くことになるのですが
それぞれの議員のモチベーションもスタンスも違いますので
どこに向かう事やら・・・・

honkab at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2012年01月16日 勉強会

高齢者福祉勉強会
高齢者福祉について行政の担当者をお招きしての勉強会を開催。
我が会派は3人で構成されていますので
3人だけではもったいないかと思い
たまたまお会いした議員の方にもお声掛けをしました。
若手を中心に総勢8名の方の参加を得ることができました。
(お忙しいなかありがとうございます)


高齢者福祉は3年の期間で計画を立てて、実行されますが
今年が新しい計画策定期間で
平成24年度から27年度までの計画の素案ができています。

国の方針の詳細と予算、
県の予算が決まらないと市としても詳細部分がきめられないので
福祉サービスの数値が入れられないというジレンマがあります。

団塊の世代が75歳を迎え、
少子化で労働人口が減る10年後を見据えながら
計画策定に携わる行政の皆さんのご苦労を感じつつ
目の前の高齢者福祉の充実を訴える議員の立場・・・

福祉の分野は奥が深いので
これからも研さんを重ねなければと思うのでありました。

honkab at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2012年01月15日 市原市消防出初式&・・・

消防局職員、消防団をはじめ、
コンビナートがある市原らしく、工場の消防隊の皆さんも参加して
市の防災センターで市原市の消防出初式が開催されました。

昨年の3.11の震災ではガスタンクの爆発もあり、
例年以上に注目されたのではないでしょうか。
(見学の市民の方も増えているように感じました)

出初2012放水
式典の後の一斉放水も
いつも以上に気合が入っていたように感じたのは私だけ?
はしご車3台の放水は迫力満点でした。

出初2012はしご
トビさんのはしご乗りの妙技も気合十分です。


その昔
消防団員だった頃には出初式の寒さがきつかったのを今でも思い出します。
寒さで固まったからだで
気を付け、安めの連続が堪えたし、
長い挨拶がつらかったのは今でも体にしみ込んでいます。

そういう意味では今年の来賓あいさつは皆さん合格点を付けられました。
短いなかにも伝えたい気持ちが入っていましたし、
言葉にも力強さを感じました。


出初の後は
恒例の鳶の皆さんとの新年会。
その後も消防の皆さんとの新年会。
楽しい夜が更けて行くのでありました。

そういえば
以前は15日が成人の日。
出初は7草の内に・・・なんて感じでしたが
今年は間逆のスケジュール。

鳶の親方の中には
「調子が狂っちゃう」なんて言う方もおりました。
それもそうだと頷いてしまいました。

honkab at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月14日 高滝湖マラソン

高滝湖マラ開会式
今年も大変多くの参加者を得て
市原市の市民マラソンが開催された。
高滝湖畔の周回コース(最長はハーフ)を走るのだが
のどかな景色と、会場、周辺の応援の雰囲気が
ほのぼのとしていて、毎年楽しみな行事です。

全国から応募があったそうだが2,335人で締め切ったそうである。
大会運営上、これが限界と運営に当たる体協の役員の方が言っておられました。

以前、フルマラソン(42.195km)をやってみたら?と言ってみたところ
応募が多すぎて運営しきれなくなるとのお話でした。

駐車場、トイレ、着替えや荷物の管理など
道路の安全確保の他にやらなければならないことがありすぎて、
とてもとてもという感じでした。

高滝湖マラパフォーマー
会場にはこんなパフォーマンスで参加する方も。
この一行は水戸黄門ですね。

他にもプーさんや海賊ルフィーもいたりして
会場を盛り上げていただいています。


14〜5年前になりますが
東関道館山線の市原ICが開通するとき
記念のマラソン大会をJCと体協さんで開催しました。

私は雪の降る中で道路整理でしたが
運営側の仲間たちが毎日打合せで飛び回っている姿を見ていましたので
開催の大変さは少し理解できますが

圏央道の開通の折には
是非、フルマラソンを含むマラソン大会なども企画してほしいなどと思っています。
開通したら人間は歩けなくなってしまいますから
たった1度だけの、本当の記念行事じゃないかなと思います。





honkab at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月08日 成人式

2012成人式加茂地区の成人式に出席してきました。
今年のは新成人は
市原市全体で2,926人。(とうとう3,000人を割り込んでしまった)
加茂地区では対象者が50人。
参加者が60人であります。
住民票の関係で対象者と参加者が異なりますので
120%の出席率となります。

やはり成人式はふるさとで
旧友たちや恩師とともに祝いたいというところでしょうか。

加茂の新成人たちは
例年マスコミが取り上げるような騒ぎを起こしこともなく
1時間の式典中、キチンとしています。
他の先輩議員の方はともかく
自分で話していても退屈だろうなと思う来賓あいさつでも
(自分なりに一生懸命にお祝いの言葉を伝えているつもりですが)
正面を見つめて、
騒いだり、携帯をいじったりしている事もありません。

彼らが中学生の頃
「人の話はきちんと聞く」ということを
徹底的に、繰り返し教えたと
控室で一緒になった恩師の方が昨年言っておられましたが
そうしたことが卒業後も生きているのかと感心させられました。

大人として、社会人として、
自らのことを周囲が祝う式典に於いて、
自らが式典を壊すようなことを行うのは
いかに愚かしいことかが解っているという事は
当たり前といえば当たり前。

こんな小さな規模の式典で騒ぐ方がおかしいといえばおかしいですし、
本人のことを子供時代から知っている皆さんが式典を作り、お祝いし、
本人たちの親のことまで知っている地域社会の中での開催ですから
少しでも騒ごうとしようもになら
「あれはどこの子でだれの子供か」まで知れ渡ってしまうので
騒ぎようもないという事もあるんだろうと思います。

テレビで
成人式の風景として
どこかの市長さんが歌ったりするパフォーマンスをされる姿が映されていましたが
新成人におもねる様な姿に見えてしまったのは私だけ?

私は絶対やらないと思ってしまいました。


honkab at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2012年01月01日 謹賀新年

平成24年が皆様にとりまして良き年でありますことを!

今年も縁起物のはしご乗りの画像からスタートさせていただきます。

元旦。
高滝神社の境内で披露していただきました。
↓ 先が見えないこんな時代ですが遠くまで見通せますように。
はしご12-3

市原市のトビさんたちは
はしご乗りの妙技を伊勢神宮で奉納したりしますし、
関東で5人ほどしかできない技を持つ若トビさんもいます。

今では伝統のはしご乗りも担い手が少なくなってきたようで
↓ こんな妙技もいつまで続けられますか多少の不安も抱えつつ・・・
はしご12-2


市原市の鳶工業協同組合の顧問をさせていただいておりますので
毎年、元日にご挨拶を頂いております。
例年は
自宅ではしご乗りの妙技を披露していただいておりましたが
より多くの皆さんに楽しんで頂いた方が
はしごに乗る若トビさんも やりがいがあるだろうし、
縁起ものだけに
初詣に見えられる多くの方たちも楽しかろうと
昨年から高滝神社に演技の奉納をして頂くようになりました。

はしご12-1

13時からの演技となりましたが
木遣りによる入場、纏い振り、挨拶の口上と続き、
伝統に則った様式に、見守る周囲の方たちも新鮮さを感じたようであります。
「初めて見た」とか
「こんなに近くで見られて良かった」とか
「正月らしくて良いね」やら数人の方から声をかけて頂きました。
気の早い方からは「来年もやるんですか」という声まで。

顧問でいる間はぜひ続けさせていただこうと思っています。

鳶の皆さんは
4日には県庁で、
15日には市原市の出初式(市防災センター)で
妙技の披露をされます。


honkab at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]