2012年05月

2012年05月27日 地域の力

里山フォーラム里山フォーラムという催しがありまして
参加してきました。

南市原では
里山を舞台に市民活動が盛んであります。

プログラムでは
この春に行われた里山を中心とした
小さな旅の総括。

越後妻有で今年も行われる大地の芸術祭、
昨年開催された瀬戸内国際芸術祭の総合プロデューサーを務める
北川フラム氏の基調講演。

長年、里山を整備してきて、
最近では蛍が乱舞するようになってきた古敷谷の林氏、
農民作家として市原市が誇る 遠山あきさん。
そして市原市長がパネラーになってのパネルディスカッションなど
盛りだくさんの内容の催しでありました。

向かう道すがら、
ゴミゼロへの協力だと思いますが
老若男女がゴミを拾う姿を沿線で大変多くみました。
南市原エリアでは、ゴミ拾いとともに沿道の草刈りまで行われていました。

こうした地域を支える力で
生活圏の環境が守られている事を実感。

フォーラムと合わせて
故郷の自然を守る力強い皆さんが存在することがうれしくなりました。





honkab at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 

2012年05月19日 小学校の運動会に行ってきました

運動会白鳥
地元の小学校の運動会に行ってきました。
来年度から小中一貫校として
新しい学校に代わりますので
全校児童31人という小さな小学校である
白鳥小学校としては
今年が最後の運動会になります。

児童が少ないので、みんなが主役です。
サボっていたりしたら目立ってしまいます。
(そんな子はいませんが)

運動会白鳥2
来年の統合を考慮して、
卒業した中学生も多数お手伝いに来てくれました。
来年の運動会は
小学校の1年生から中学3年生までが集う
こうした景色になるのかと思うと
少しの不安と大きな楽しみがあります。

子供の年齢差が9歳というのは
体格も、体力も大きく違いますし、
競技の内容も全然違ったものになるでしょう。

小学校の運動会は保護者をはじめ地域のお年寄りなど
みんなが楽しめる物になっていますが
中学生になると
親には来るなという雰囲気になります。

来年は小中一緒ですから
やり方によっては地域の一大イベントになって行くのではないでしょうか。

その流れができたら
地域の市民体育祭まで更に盛り上がってしまうかもしれません。

今年の小さな運動会を見ながらそんな可能性を考えておりました。

honkab at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2012年05月15日 消防団ポンプ操法練習中

消防団地元の消防団が
ポンプ操法大会に向けて練習を始めています。

3.11の震災で
消防団員にも多くの被害者が出て、
彼らの責任感の強さや、
存在価値が改めて見直されています。

(被害に遭われた多くの方々に改めてお見舞い申し上げます)

存在価値が見直されてはいますが
団員の確保は やっぱり厳しいようで
年々少なくなっているような気がします。

そんな中
今年も6月に開催されるポンプ操法大会に向けて
練習が始まっています。

この練習期間で団員の団結や士気が向上します。

新入団員などは
この期間が過ぎて、顔つきが変わってきますし、
選手を経験したりすると
いっぱしの消防団員になっています。

仕事上がりで疲れているなかを
深夜まで練習に割いていますので
本人の体力も心配ですし、家族の負担も大変です。

あと1月で地域の支団大会。
勝ち抜けば更に2週間。

「県大会まで狙っています」なんて言ってますから
(過去には本当に行ってるから怖い)
いつまで続くのでありましょうか。

頑張れ消防団。

honkab at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2012年05月14日 里山の・・・

もうっこうバラ
家の前のもっこうバラが満開になっています。
梅からはじまって、桜と菜の花が終わっても
里山は花がきれいに続いてくれています。

これからは
つつじが目を楽しませてくれる時期になってきます。

国本の女男滝の方にお散歩に行くと
新緑がきれいでした。

この時期の新緑は
何やら元気をくれる感じがします。

山つつじ
滝のそばの山の中には
山つつじが花を咲かせていました。

新緑の中に
ひっそりと咲いている姿もまた良いものであります。

もうすぐ藤の花も咲きそうな里山です。

honkab at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月09日 油断も隙も・・・

国本の道路花県道の空きスペースに花が植えられていました。

年度末に道路の排水路を工事で改修していただいて、
きれいになったところですが
いつの間にか芝桜を中心に花が植栽されていました。

昨日は朝から会議、会議の連続で
チョットお疲れモードでしたので気持ちが楽になりました。

昨日の会議のことにも少しふれておきます。

朝一番は
市議会の会派代表者会議に代理出席。

南市原のまちづくりに関する調査特別委員会の
次回会議の打ち合わせ。
夏に予定されている視察内容などの計画を進めないと
会議に掛けられません。

昼食を取りながら行政と視察内容を詰めました。

午後は会派での打ち合わせです。
6月議会も近いので意見統一もありますし、
事務処理もなんだかんだと片づけなければ…

15時からは議会改革プロジェクト会議。

こちらは公開の会議になっています。
会議のご案内は市議会のHPで出していますが
昨日も3名の傍聴がありました。

基本条例の案文はできていますが
これに逐条解説を付ける作業に移っています。
産みの苦しみの会議ですから、
傍聴された市民の皆さんにはグダグダの会議に見えたかもしれませんが
そこを見せることが透明性化なのかなどと
言い訳をしておきます。







honkab at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2012年05月01日 バァちゃん、エライ

沢川風景201204ここ何年か
故郷の里山の風景を良くしようと活動しています。

春の景色を作るために菜の花の種をまいたり、
荒れた田んぼや里山の草刈りをして
梅雨の景色のために菖蒲やアジサイを植えてみたり
秋の風景のために彼岸花やモミジを植えたりと
地域の人たちと一緒に美しい
「いなか」の景色づくりに取り組んできました。

市原の南部地域には
そうした活動をするグループも自然発生的に増えてきていまして、
蛍を増やす人たち、
道路沿いを花できれいにする人たち、
里山の保全を目的に炭焼きに挑戦する人たち、
小さいながらも美しい景色を作ってくれる
「滝」を中心に里山の清掃をする人たちなど
初めは小さかった里山を守る人たちの輪が
段々(かなり)大きくなってきています。

今朝、車で走っていますと
手押し車でヨタヨタと(失礼ながら)
道を歩いているおバァちゃんがいました。
お見かけしたところ80歳がらみです。

緩やかとはいえ、上り坂なので
手押し車に頼っての歩行です。

そのバァちゃんが身をかがめて何かを拾い上げました。

手元を見たら、捨てられたペットボトルではありませんか。

拾ったペットボトルを手押し車のかごに入れています。

かごにはビニール袋があり、空き缶と思われるものが山になっていました。

腰の曲がったバァちゃんが手押し車に頼りながら歩いて、
道路に捨てられたゴミを拾っている。

そんな姿に目頭が少し熱くなってしまいました。

「ありがたなぁ」と感動を覚えつつ、
能天気に空き缶やペットボトルを投げ捨てる輩に
怒りの感情が湧いてきました。

これまでも
花できれいになったところにゴミは捨てないだろうと
高齢になった地域の人たちが手入れをしているところに
平気でゴミが捨てられていたことも何度かありました。
その都度怒りがわいていましたが
ゴミを捨てたやつに
あのバァちゃんの姿を見せてやりたいと思った朝でありました。

千人がマナーを守っても
一人のバカ野郎がいれば台無しになってしまうというところでしょうか。





honkab at 10:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]