2012年07月

2012年07月29日 紙飛行機

つどい大会地域の青少年相談人の方が主催していただいている
青少年の集い大会が行われました。

過去には
男子がソフトボール。女子がミニバスという
大会運営でしたが
子供たちが減り、チーム対抗戦が難しくなってきていました。

そんなことで
今年からは 紙飛行機大会と企画変更です。

会場へうかがう前は
正直、盛り上がりを心配していましたが
なんと
折り紙飛行機日本チャンピオンが
ゲスト講師として来ていただいておりました。

このチャンピオンは市原市民の方でありまして
やはり青少年相談員をされているということであります。

デモンストレーションで紙飛行機を飛ばしていただいていましたが
やはり飛び方が違います。

紙飛行機を折る子どもたちの眼付も真剣そのもの。

盛り上がりを見せた大会となりました。

honkab at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2012年07月28日 今年の梅干しは

梅干し連日の夏日であります。
熱さにも寒さにも弱い軟弱の私としては
クーラーの中が幸せの空間となりますが
節電の夏ですから
なかなか設定温度が下げられません。

しかし
そんなな夏日こそ梅干しを干すには最適であります。
三日三晩の土用干し、なんてことを申しますが
田舎の庭先では
写真のような風景が見られます。

最近では自家製の梅干しを作る家庭も減りましたが
まだまだ伝統を守る家庭も残っています。

今年は梅の当たり年。
粒も大きいように感じますが
出来上がりはいかがなものでしょうか。


梅の木は
田の転作対象物なので
かなりの本数が植えられています。

しかし
手入れとなるとなかなか手が及ばないところ。

桜切るバカ、梅切らぬバカなどという方がいますが
耕作者が高齢化してきましたので
なかなかそういう訳にはいかず
桜も切らず梅も切らずになっています。

honkab at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2012年07月27日 今年のザクロは

ザクロ2012夏ここのところ
暑い日が続きます。
皆様体調はいかがでしょうか。


モデルハウスの横に植えてあるザクロですが
今年は実の付き方が多いような気がします。
もっとも
これから実が膨らんで重くなると
雨や、風で半分くらいは落ちてしまいますが
付いた実が多いだけに、秋に期待をしてしまいます。

昨年は
5〜6個の収穫だったでしょうか。
ザクロ酒を仕込んでもらいましたが
どのように熟成されたでしょうか。
味見が楽しみであります。

週末は
盆踊りが2件。

週明けからは
新潟県 十日町市へ「大地の芸術祭」の視察です。

2泊3日でじっくりと見てこようと思っています。
運営するNPOの方や行政の方のお話も楽しみですし
なんと
最初の開催のときには反対されていたという
旅館組合の方のお話もセットしました。

反対から賛成へと
実感、体験してみてはじめて解る国際芸術祭という事業の
難しさをじっくりと聴いてみたいと思っています。

報告は来週です。

honkab at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2012年07月23日 今年の里山では

ねむの花なぜか 今年はねむの花が目に付きます。

先日の里山会議でも
皆さん「ねむの花が大発生」という話題が出ました。

何か
自然が我々に訴えている事でもあるのでしょうか。

ただ、端にそういう年回りなんでしょうか。

見ていて
薄いピンクの花は なかなかかわいいものです。


自然と隣り合わせで暮らしていると
いろんな事に気づいて、楽しいものであります。

今年は梅も当たり年だそうで、
これから梅を干すのが見られます。



honkab at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2012年07月20日 加茂里山会議

里山会議昨夜は市原市の南部に位置する
南総、加茂地区で里山の整備に関わっている
市民団体の皆さんが集まっての会議でありました。

議題は
来年の春に向けて、菜の花を咲かせるプロジェクトについて。

例年、菜の花の種まきを続けていて、
春の菜の花がふるさとの野山を飾ってくれています。

今年も実行するのか否かを話し合う予定が
否どころか、実行するしかないべという感じで
実行日は9月に決定しました。

冬の小湊鉄道の駅を飾る
イルミネーションの件も議題にあがりましたが
こちらも
いかにきれいに飾るかが主な話題になりました。

皆さん常に前向きです。

市役所からも会議に参加があり
大きなイベントである芸術祭の説明と
協力依頼がありました。

そんな楽しげな里山会議で夜が更けて行くのでありました。


honkab at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 

2012年07月18日 滝の近くまで行けます

滝の階段国本の滝に降りる階段が
整備されていました。

これからの夏の季節
沢の流れで涼を取るには
最適な階段です。

一心会の皆さんが
そんなことを考えて、作ってくれたと思うと
頭が下がるばかりです。

ただし
湿ったすごしやすい環境には
マムシもいますから 要注意です。

honkab at 09:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2012年07月17日 連休といえども

14日の土曜日を入れると、世間では3連休であったそうな。

しかし、こうした連休中には私の周りに、
いろいろ動きがあるものでして・・・


13日(金)議会改革プロジェクト会議
基本条例が制定されてから、初の会議。
これから行動に移るためのスタートの会議となりました。
なにから手を付けようか…

そのまま条例案可決のお祝懇親会になだれ込んでしまいました。
飲んでる席の方が会議室より本音が出るので
これもまた良き事かも。

車を市役所に置いて来てしまったので
14日(土)の朝から取りに行ってきました。

しばらくモデルハウスで休憩と思っているうちに
お客さんが入れ替わり、立ち替わり。
うれしいことであります。

15日(日)は早朝から町会の年1回の草刈りに参加。
町会民総出で、地区内をきれいにします。

私は国本の滝から奥の山道の班での仕事でした。

山肌に山ユリが咲いていたので ↓ 
山ユリ2012
最近では固体がずいぶん減ってきているそうであります。

ユリ根は人間が食べてもおいしいですが
猿や、イノシシも好物らしいので
山肌のような所だけが生き残るのでありましょうか。

午後からは
鳶組合の総会に出席。
木遣りから始まる懇親会は
はしご乗りなど、伝統文化を守る皆さんの心意気に溢れています。
しかし
昨今の不況はこうした職人さんの世界に、深刻な影響を及ぼしています。
「意地と人情とやせ我慢」が心意気のトビさん達ですが
さすがに、これだけ不景気が続くと
鳶は食わねど高楊枝どころではなく、
背に腹は替えられないとなってしまいそうだという
弱音もチラホラあったような・・・

16日(祝)には
地元で新しい施設がオープン。

↓ 千葉日報の記事はこちら。

養老川漁協の皆さんが地域の活性化に一役買ってくれそうであります。
こうした、一つ一つの取り組みが
連動し始めることで
大きな効果が期待できます。
その為には 初めの一歩がいかに大切なことか。

市原市で予定されている芸術祭も
こうした一つ一つの積み重ねと、大きな連動をすることによって
地域に根差した成果があげられると思います。


honkab at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2012年07月09日 国本の滝では

滝のアジサイ20127月8日は消防の市の大会の他にも
地元でうれしいことがありました。

国本の滝の周辺を整備している一心会の皆さんと
牛久地区のカブスカウトや保護者、関係者の皆さん
南市原花いっぱい運動の皆さんが
合同で 彼岸花の球根を植えてくれました。

昨年も花いっぱいの皆さんが
用意していただいた球根を植えましたが
それに続く彼岸花プロジェクトです。

一心会のおばちゃん達は
夜明けとともに昼食の仕込みをして
田舎料理でお手伝いの方達をおもてなししてくれました。

最後には
参加者全員で童謡を合唱するなど
和やかな交流をしていました。


秋のお彼岸が楽しみです。


こちらにもその時の様子が→ 

honkab at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 

2012年07月08日 市原市消防操法大会

消防市大会消防団の機械器具の迅速、正確な操作を競う
操法大会が開催されました。

昨年は大震災の影響で中止になっていますから
2年ぶりの開催です。

生憎の雨天の中、各支団大会を勝ち抜いた精鋭たちが
市原市防災センターで修練の成果を競います。

私も分団長を務めた
加茂第7分団は健闘しましたが準優勝に終わりました。

審査点は同点だったものの
規定によりタイムが速いほうの勝ちという事で
惜しくも2秒差での敗退でした。

しかし
個人表彰では 4人の選手のうち
指揮者、1番員、2番員の3名が優秀賞を頂き
実力は示せたのではないでしょうか。

個人表彰を唯一もらえなかった3番員は
多分・・・きっと・・・
来年の大会に目標を据えたのではないかと・・・

優勝した姉崎8分団は(こちらも常連)
7月29日の県大会に進みます。

honkab at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2012年07月01日 国本の滝の周辺では

滝のアジサイ2012昨年12月に植樹したアジサイが
木は小さいものの花を付けていました。
滝や沢川の周辺に100本ほど植えましたので
あと数年もたつと
見事なアジサイの名所になるのでは・・・
などと淡い期待をしております。

今日も一心会の皆さんは草との戦いをしています。

来週8日には
牛久地域のカブスカウトと保護者の皆さんが
彼岸花の球根を持ってきて
植えていただくことになっています。

子供たちに楽しんでもらる為には
周辺の草をきれいにしておかなければなりません。

草深いと ヘビが隠れていたりして
子供たちに危険ですし、驚かせてしまいます。

そんなわけで、先週、今週と
草刈り機の音が里山に響いています。

春の桜、梅雨のアジサイ、秋には彼岸花とモミジ。

夏は蛍が舞いますし、
沢川のせせらぎと滝のマイナスイオン。



honkab at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)里の活性化 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]