2014年01月

2014年01月22日 最近思う事

先日、
来る市議会選挙に立候補したいという
青年が訪ねて来てくれました。

選挙は来年の6月ですから
まだ1年半ある訳で、
「息切れしないように」と、ついつい余計なことまで話してしまったのですが
議員の仕事って何だろうと改めて考える機会にもなりました。

千葉市の議長さんと市原市の議長の協議で
都市計画道路である
平成通りの開通に向けた話し合いが進むことになりました。
千葉、市原双方の議会側が行政に働きかけるという事です。

3月に始まる「中房総国際芸術祭」市原アート×ミックスも
初回は別として、3年後の開催で、近隣の市町が参加するような
盛況が欲しいと思っていますが
これも、議会側からの働きかけが有効になってくるはずです。

圏央道の開通も
沿線自治体が連携しながら
活性化を図る取り組みが必要だろうし、それが効果的なはずです。

自分の市の事に真剣に取り組むことは当然ですが
近隣市町との連携も視野に入れるようなことも
議員の仕事の一つかもしれません。

以下は雑文ですので読み飛ばしてください。



駅や辻にノボリを持って立っているだけで
選挙に勝ちあがってしまうような風潮も見られます。
(それだけで勝てるほど甘くはないでしょうが・・・)

選挙で選ばれれば立派な議員です。

議員の本質が「選挙に勝つこと」ならば
有権者に受けるパフォーマンスに徹することが議員のお仕事かもしれません。

極端に言えば
議会の実務など何もしないで、有権者のお宅を訪問している方が
選挙での得票は絶対に増えます。

会ったことも話をしたことも無い人より、顔馴染みの方を選択するのは人情です。

もう10年以上前になるでしょうか。
私も議員ではないときに、あるご婦人に言われました。

私「何であんな変な奴が議員なの?」
ご婦人「○○さんは先生って言わないといけない存在。」
    「でも、□□はちゃん付けで呼べる人」
    「先生を選ぶかチャンづけで選ぶかは有権者の好みでしょ」
何となくそれも真理だと気づかされたところでありました。

お祭りへの関わり方もそれぞれです。
地域の活性化のためのお祭りを企画し、予算を付けて、継続できるように支援する。
お祭りが始まれば「主役は市民」に徹する人もいれば
裏方の仕事は一切やらないで
「私がやりました」と言いながら有権者の方と一緒に焼きそばを焼く。

どちらが受けるかといえば
裏方で努力した人より 焼きそばを焼いた方かもしれません。
だって、裏方の仕事はほとんどの人は知りませんから。

でも、議員の仕事のほとんどは裏方の仕事ではないのだろうか。 



honkab at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議員のお仕事 

2014年01月20日 立志式

小中一貫教育校「加茂学園」で 1月16日に
立志式が行われ、地元議員という事で参加してきました。

かつての元服式、髪あげに因んだ催しで
7年生(中学1年)31人が全校生徒、来賓、保護者を前に
将来の夢や目標を宣言。

数え歳14歳の生徒達が
心身ともに大人への階段を上る中で
自覚を促す取り組みとしては効果的だと感じました。

IP140117TAN000010000具体的な夢や希望を訴える子供が大半でしたが
中にはまだ決まっていない子もいたりして、
個々の個性もちらりと見えました。

しかし、舞台上で、堂々と自分の言葉を話す経験は
14歳にとって、いい経験になったのではないでしょうか。

まだ14歳。
夢は夢として、希望は希望として、
大きく膨らませてほしいものです。

これからいくつもの現実を知り、小さな挫折を(本人達とっては大きいかも)
重ねて行くことが大人へと続くわけですから
こうしたけじめの取り組みは大いに評価したいものです。

honkab at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2014年01月15日 新春の恒例行事

例年行われております行事。

まずは11日の行われた「高滝湖マラソン」
高滝湖マラソン2014写真はハーフマラソンのスタート風景です。
大会運営の都合で2400名で受付を止めてしまうそうですが
今年も早々に一杯になってしまったそうであります。

北は青森、南は福岡からエントリーがあったそうですが
マラソン人気の根強さを感じます。

高滝湖をめぐる景色の良さと平坦なコースが
人気の要因かもしれません。

今年は市原市の市民マラソンとして40回目だそうです。
なんと40回連続出場の方がいらっしゃいました。

31歳から出場を重ねて今年は71歳でのエントリーです。
完走を考えての5キロコースに参加。
元気にスタートされていました。
40回のうちには危機が何度かあったそうでして、
ぎっくり腰と親せきの葬式が一番の危機だったとお話されていました。


12日は加茂地区の成人式。
成人式2014今年は32名の参加。
少子化の影響を感じます。

祝辞を述べるために登壇したところ
最前列に親しく付き合っていた後輩のお子さんがおりました。

事故で亡くなってしまった後輩でしたので、
立派に成長した姿を見たときに
少しウルっとしてしまいました。

立派に成長した姿をオヤジに見せたかったなと
ついつい舞台から声をかけてしまったので
祝辞も話の流れから予定を変更。

君のご両親は二人。
祖父母は4人。
一代さかのぼると祖父母の親は8人。
もう1代さかのぼれば16人。
順にさかのぼって行くと32,64,128,256,512,1024.

10代上がるだけで1024人の出会いが合って今の君がいるんだなどと・・・

そのつながりを次の世代につなげていく責任があります
みたいな話をしてしまったのでした。






honkab at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

2014年01月08日 のどかだった正月の風情

今年の正月は
天候も穏やかで、皆さん長閑に過ごせたでしょうか。

高滝湖の正月は写真の通り穏やかな様子でした。
(1月4日撮影)
2014高滝湖の正月ワカサギ釣りのボートがたくさん出ていましたし、
防寒用のビニールハウスで
釣りを楽しむ方も大勢いました。

写真奥は
改装された市原湖畔美術館。
中房総国際芸術祭「いちはらアート×ミックス」の中心施設です。

中庭に併設されたピザのおいしい小さなレストラン。
集客はいかがなものだったのだろう?

本格的な石窯のピザは
地元の食材を使ったお勧めの逸品であります。
近くにお寄りの節は是非お試しあれ。

赤い橋のたもとにあるお寿司屋さん「千鶴」は言いネタ使ってます。
対岸のお蕎麦屋さんとお寿司屋さんもお勧めです。

高滝ダムの周りには
他にも、石焼ビビンバがおいしい小さなレストランや
本格手打ちのお蕎麦屋さん、なぜかくせになるラーメン屋さんなど
田舎なれども侮れない食事どころもあるんです。

あと、隠れ家のようなショットバーなんかもあります。

これから、芸術祭に向けて
知る人ぞ知るみたいな有名どころがプロデュースした
食の店舗も誕生する予定です。

アート作品もそろそろ製作の話が入ってきそうです。
そのうちアップしますのでお楽しみに・・・



何やらこれからの様子。
さっきスタッドレスタイヤに交換してきたところです。



honkab at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)2.こんなところで暮らしてみたい 

2014年01月06日 謹賀新年

昨年中盤からずいぶんご無沙汰してしまいました。
本年は少しずつ復活させていきたいなどと考えております。

はしご乗り20141月5日は市原市の出初式でありました。
消防職員、消防団、企業消防の雄姿でスタートです。
(写真を撮り忘れてしまいました)

例年通り、写真のようなはしご乗りの妙技も披露され、
地元のトビさん達の心意気に観客の皆さんも
喜んでいただいていたように思います。

私は鳶組合の顧問の一人になっていますので
大きな拍手があるとうれしく思ってしまいます。

市制50周年という事で
例年にない訓練も行われました。

へり千葉市消防のヘリによる救助訓練です。
なかなかの迫力。
市原でも、
少しだけですが高層マンションもありますので
こうした訓練も
市民の皆さんに安心感を持っていただけるかもしれません。



honkab at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]