春、だんご
草だんごの差し入れ
ヨモギのたっぷり入った草だんごはやはり春の香りです。

田舎の団子はコンビニで買ったものとはチト違うのである。
ヨモギは春の日差しが当たる南向き斜面の陽だまりから採取。
谷津田の清水で丁寧に育てた「コシヒカリ」を粉にする。
(粉から作るところが力が入っている)
あんこは やはり地元産の無農薬小豆を煮立てる。

これを経験に裏づけられたオバちゃんがだんごに仕上げる。
付け合せには からし菜とかも菜の漬物。
「春が来たな〜」とホノボノさせてくれる逸品なのである。

PS:かも菜とは
養老側流域でも加茂地区だけで栽培されているアブラナ科の野菜。
洪水で運ばれた独特な土壌が育てた菜っ葉なのである。