さばなまり
さばの「なまり」知ってますか?
鯖の頭と内臓を取り除いて燻製にしたものなのですが
春の山菜とベラボウに相性のいい優れものです。
手で身をほぐして、竹の子やふきと一緒に煮た炊き合わせは
思わず頬が緩んでしまう「春の味」といってよいでしょう。

鯖のなまりは多分外房文化の逸物で
友三の住む加茂地区でも南側の外房に近い地域では
珍重されていますが 東京湾に近づくほど認知度が薄れているようです。

最近では商店でも入手が困難になってきたようで
友人の経営する田舎のコンビニである
「角屋商店」でもやっとのことで仕入れているとのこと。
角屋商店では1本500円(税込み)で
売っているらしいが
これからの山菜のシーズン前に是非入手しておきたい代物である。

鯖のなまりは炊き合わせだけでなく
酢の物にしても美味であるし、
そのままマヨネーズだけをかけて食してもまた良し。
と高滝ダムの近くで魚屋をしている鈴木魚肉店の店主も
絶賛しておりました。