2006年03月25日 春の盛合せ4

春の盛合せ
房総の田舎にも春がやってきた。
今回は春の盛合せをお届けしよう。
こごみ:山菜のなかでも手軽に調理できるし癖もない。
    ただし一瞬しか出てこないので早い者勝ち。
    多分4月の中旬までか?
    さっと湯がいてマヨネーズでも良し、
    お好みのドレッシングをかけても良し。
    天ぷらでも楽しめる。
ふきのとう:もう終わりの出品だろう。
      天ぷらが一般的だが
      軽く湯どおしした物を細かく刻んで
      味噌と合えると酒のつまみに。
      独特の苦さが春のおとづれを感じさせてくれる。
せり:今年は寒かったせいか成長が悪くなかなか出てこなかった。
   普段なら歳末から食卓を飾るものだが
   今になって最盛期を迎えた感じ。
   清水の脇で育った野のせりの独特の風味は
   一度味わうものだろう。
   おひたしで良し、胡麻和えやドレッシングでどうぞ。
   せりご飯なぞは私の好みであります。
ほうれんそう:スパーでもおなじみではあるが
       路地物の取れたては2味くらい違うはず。
       ほうれん草が甘いといったら
       きょとんとされたが
       オカカと醤油だけでこんなに甘い野菜は無いと思うのだが。

写真に間に合わなかったが筍も後で到着。
地元ではアク抜きなぞして筍を食す習慣はない。
ワカメとサトイモ(ヤツ頭)と一緒の味噌汁が私の好み。

春のたよりでした。


honkab at 20:15│Comments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]