古敷谷里山灯篭昨夜(7日)から
古敷谷の里山で
蛍祭りが始まりました。
(期間は14日夜まで)
里山への入口から少し入ると
地元の富山小学校(全校児童19人)の
子供たちが作ってくれた行燈が歓迎してくれます。
古敷谷里山看板1Kmほどの細い道を進むと
←こんな看板が。
里山への愛着が感じられます。
立派な活動小屋の
テーブルを囲んで
お茶など頂きながら
暗くなるのを待つのも楽しい時間です。
地元のお米で造った
特別なジュース「古敷谷ほまれ」も美味しゅうございました。
古敷谷カマ活動小屋の後ろでは
釜でご飯を炊いていて、
おにぎりのサービスまで
していただきました。
ひとり1個までと書いてありましたが
あまりのおいしさに
2個目に手が伸びてしまいました。
おにぎりときゅうりの漬物が
大変なごちそうと感じるのも里山の力でしょうか。

19時半ころには主役のホタルも舞うように飛び始めて
幻想的な光の乱舞を見せてくれます。
何年もかけて里山を整備している皆さんに感謝です。

地元住民でもあるお友達のY君のブログでは
もっと詳しく紹介しています。
≪Y君のブログはこちら≫