市民の森イルミ2010昨日28日はハードな1日でありました。
早朝から地元町会&関係者で
今回で80回を数えるゴルフコンペに参加。

会場はいつも同じなんですが
関東でも難しいことで有名なオークビレッヂG.C.です。
天気は良かったものの風が強かったので
スコアは・・・

そもそも地元にゴルフ場ができるということで
始まったゴルフの集いですから会場は同じになるんです。
以前は東ハトレディスという女子プロの大会の常設コースでした。

当時のオーナーの強い希望で
女子プロ大会用のコースとして設計されていて、
なおかつアンダーパーの優勝はさせないと豪語していたくらいですから
難しいのは当たり前なのであります。

今では普通になった感がありますが(当時は珍しかった)
東ハトレディス開催当時は
地元ボランティアが大会運営に参加していました。

コース誘導や「静かにしてください」ボード、OBラインに張り付きなんて
仕事もありました。食堂で皿洗いまでやったお母さんたちもいましたっけ。

このコンペの参加者たちはそんな経験をした方たちが多く残っています。


写真は17時から点灯された
市原市 市民の森のイルミネーションです。
今年は更にバージョンアップされています。

山のなか、街灯も無い暗闇、空には星だけ。
そんな異空間を感じさせる、よそにはちょっとないイルミネーションです。
昨年から始められた小湊鉄道のイルミネーション列車も
さらに力が入っています。

≪小湊鉄道のイルミネーション列車の詳細はこちら≫

地元ボランティアの協力による
沿線各駅の飾り付けも済み
(駅によってはちょっと?なんてところもありますが)
多くの皆さんの来場を待っています。

そのあともう一つの行事に参加。
そちらは明日にでも・・・