2010年11月30日 心に響いた手作りコンサート

市民の森イルミ2010昨日書ききれなかったもう一つの行事。

市民の森のイルミネーション点灯を確かめて
紅葉帰りの渋滞にイライラしながら
18時開会の手作りコンサートに滑り込みました。

10年前(もう、そんなに経つのか)
地元の中学2年生の子供が交通事故で亡くなりました。

普段と変わらない普通の朝を過ごし、
元気に「行ってきます」と自転車で家を出た彼は
自宅から500mほど先で車とぶつかり、
そのまま帰らぬ人となりました。

ご両親の悲しみは・・・想像も及びません。

中学校でも彼の命日には
「命を考える」全校集会を毎年行っています。

そんなご両親が「皆さんに励まされた」というお礼を込めて
このコンサートを企画され、
当時の同級生たちがお手伝いしながら開催されました。

自分の子供と同世代であり、
PTAの役員もしていたり、まして地元の小さな小中学校で
顔も知っていましたので当時のことが思い出されてしまいました。

その頃、(社)市原青年会議所では通学2年生を対象に
洋上セミナーと言う青少年育成事業を行っていました。

亡くなってしまった彼も参加予定であり、
そんなことにもご縁を感じていました。

北海道に1週間ほど生徒を連れて行き
その中で様々な研修を行う洋上セミナーのなかに
「親からの手紙」という企画がありました。

参加生徒には内緒で保護者の方に生徒あての手紙を書いていただき、
「あなたが子供でよかった」「あなたを愛している」という
普段、面と向かっては言えなくなった
メッセージを込めていただいていました。

亡くなられた彼にはこのメッセージは届きませんでしたが
逆に、彼から大きなメッセージを残されてきたことを強く感じる
時間になりました。







honkab at 07:28│Comments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]