2011年06月22日 五井駅西口の活性化会議

TMO会議資料五井駅周辺の活性化に取り組んでいる
TMO(タウンマネージメント)の会議に参加してきました。

東口は
中心市街地活性化の補助金も出ていますし
カインズが出店、ケーズ電器ももうすぐ開店、
ヨーカ堂も出店計画を煮詰めているようです。

西口は
旧ヨーカ堂が撤退して1年。
ラオックスも閉店して西口全体が廃墟に近づく気配が濃厚です。

そんなところから活性化に向けた会議が持たれています。

旧ヨーカ堂跡地は市原市の地所で
店舗の建物は大手不動産会社の所有という関係になっています。

大手不動産会社は
跡地の地代と建物の固定資産税を払い続けていますが
稼がない建物のために
払い続けることは企業にとってはお荷物になっているはずです。

多分、1日でも早く手を引きたいのが本音でしょう。

近隣の商店やテナントビルは
これまでヨーカ堂の効果で人が動いていたのに
人通りが絶え、なお且つもうすぐ東口の開発が姿を現して
集客力を取られることが見えていますので死活問題です。

東口が栄え、西口が沈んでいくという構図は
市原市のまちづくりにとっても大きな問題点になります。

私は西口に市役所機能を持ってくれば
そうした問題解決には一番効果的だという考えですし、
できれば保健所はじめ県の出先機関まで入る
合同庁舎に発展すればいいと考えていますが
果たして行く末はどうなるんでしょう。

五井駅に通う市民が増えることで
小湊鉄道も活性化しますし、バス路線の充実にもつながるはずです。

五井だけの問題ではなく、
市原市全体の問題としてとらえる必要があると主張しています。




honkab at 22:22│Comments(3)TrackBack(0)議員のお仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 市原市民(東口)   2011年10月26日 16:38
東口は中心市街地活性化の補助金も出ていますし

意味が分かりません。公共施設管理者負担金
のことでしょうか?まちづくり交付金のことでしょうか?

東口は組合施行の区画整理事業によって開発がなされました。つまり開発資金は地主の減歩(犠牲)の上に成り立っています。


あたかも東口に優遇措置が偏重しているかのような記述は到底容認できません。
西口の凋落要因を東口に求めるのはやめてください。誤解を生むような表現で他者にその原因を求める限り、根本的な解決は難しいと思います。
私自身も市原市民として西口の発展を心より願っています。おっしゃるように市役所移転ができれば起爆剤になると思います。大賛成です。駐車場を確保できればですが・・・。

2. Posted by 市原市民   2011年11月07日 14:18
市原市商工会議所出身だけあって西口寄りの考えになってしまうんですね。
とても残念です。市議という立場にありながら本質を見極めず、誤解を生むような表現でデマを垂れ流すなんて失望しました。
3. Posted by バリュエージェント   2011年12月16日 12:20
突然すみません

弊社はこのたび、旧ラオックス市原店のリニューアルプロジェクトを進行している

バリュエージェントと申します。

この度、計画を進めるに当たり、色々な方のご意見も伺いたく

コメントさせていただきました。

是非、コンタクトを取らせていただければと思います。

本日、プレス発表もいたしました。
http://www.zaikei.co.jp/releases/28901/

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]