2011年08月08日 8月は忙しい田舎暮らし

椿の実国本の滝のそばには
天然の椿が残されています。
この前滝を見に行ったら、たわわに実がなっていましたので
(本文とはあんまり関係ありません)


8月と言えば盆踊りであります。
市議会議員ということで結構ご案内が届きます。
なかなか全部は回れないので
近場を優先にお邪魔することにしています。

6日(土)は福祉施設と地元町会の合同盆踊りに顔を出してきました。
毎年多くの参加者が集まるうえに、
施設の入居者も楽しみにしている行事です。

近所のバァちゃんたちも何人か入居していますので
元気にしているかどうか、顔を見るのも恒例行事となっています。

他にも2か所ほど盆踊りがありましたが
そちらは失礼して、お年寄りに愛嬌をふりまいておりました。

盆踊りに行く前には
近所(組内)のおじぃちゃん(85歳)の葬儀のお手伝いをしておりました。
いくら忙しくても組内のお葬式は外せません。
幸い、皆さんの計らいで受付の責任者でしたので
暑いさなかの墓周りの作業は免除でした。

菊作りが趣味で
秋になると立派な菊を届けてくれた人でしたが
厳格で、しきたりに厳しいご意見番的な存在でもありました。

お孫さんも大勢いらして、人生を全うしたなという感じですが
このジィさんはどうやら孫には甘かったらしく
孫たちにはしきたりまでは躾けていなかった様子。

通夜の時のことでありましたが
孫の一人が誕生日だったらしく、「おめでとう乾杯」
という大きな声が・・・  

告別式の後の精進落としの席では
献杯というものがありますが
なんとグラスを合わせて、
カチン、カチンという音がこだましておりました。


7日は新盆のお宅にお見舞いに回ります。
公職選挙法の関係で無関係のところには行きませんが
親戚づきあいは外せません。

そんなこんなでお盆に突入していくので
世間一般で言われるお盆休暇とは無関係になってしまうのであります。

それが田舎づきあいでして、
これを面倒と思うか、連帯感の基と思うかで
田舎暮らしの善し悪しが現れてくるのではないでしょうか。




honkab at 19:25│Comments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]