高滝湖マラ開会式
今年も大変多くの参加者を得て
市原市の市民マラソンが開催された。
高滝湖畔の周回コース(最長はハーフ)を走るのだが
のどかな景色と、会場、周辺の応援の雰囲気が
ほのぼのとしていて、毎年楽しみな行事です。

全国から応募があったそうだが2,335人で締め切ったそうである。
大会運営上、これが限界と運営に当たる体協の役員の方が言っておられました。

以前、フルマラソン(42.195km)をやってみたら?と言ってみたところ
応募が多すぎて運営しきれなくなるとのお話でした。

駐車場、トイレ、着替えや荷物の管理など
道路の安全確保の他にやらなければならないことがありすぎて、
とてもとてもという感じでした。

高滝湖マラパフォーマー
会場にはこんなパフォーマンスで参加する方も。
この一行は水戸黄門ですね。

他にもプーさんや海賊ルフィーもいたりして
会場を盛り上げていただいています。


14〜5年前になりますが
東関道館山線の市原ICが開通するとき
記念のマラソン大会をJCと体協さんで開催しました。

私は雪の降る中で道路整理でしたが
運営側の仲間たちが毎日打合せで飛び回っている姿を見ていましたので
開催の大変さは少し理解できますが

圏央道の開通の折には
是非、フルマラソンを含むマラソン大会なども企画してほしいなどと思っています。
開通したら人間は歩けなくなってしまいますから
たった1度だけの、本当の記念行事じゃないかなと思います。