操法大会加茂2012.6.17消防団のポンプ操法大会が
市内の各所で開催されました。
私は 地元の加茂支団大会にお邪魔して
日ごろの訓練の成果を見させていただきました。

ポンプ操法大会は
消防団の大事な行事の一つで
火災現場で、正確に、早く放水を行うために
機械、器具の取り扱いを含めた操作員の動きを
競う大会ですが
昨年は東日本震災の影響で全国的に中止していました。

震災で改めて消防団の存在が見直されたところですが
現実には入団希望者が少なく、
限られた団員が、それでも一生懸命になって訓練を重ねています。

加茂地区では 今年も4月上旬から、約2カ月間にわたって
訓練に励む姿が見られました。
仕事上がりの夜間に訓練をするわけですから
団員の皆さんのご苦労は大変なものとなります。

逆に、苦労を共にしますので
団員同士の団結力は相当、醸成されるわけで
振り返れば
その時の思い出は楽しいものであったりします。
(私も一応経験者ですので)

大会が終わっての
格別ですし、
私もついついご相伴にあずかってしまいました。
(夕方にはヘロヘロ

支団大会で優勝した 第7分団(私はOBであります)は
7月8日に開催される市の大会に向けて
更に3週間の訓練期間に入ります。

頑張れ消防団