14日の土曜日を入れると、世間では3連休であったそうな。

しかし、こうした連休中には私の周りに、
いろいろ動きがあるものでして・・・


13日(金)議会改革プロジェクト会議
基本条例が制定されてから、初の会議。
これから行動に移るためのスタートの会議となりました。
なにから手を付けようか…

そのまま条例案可決のお祝懇親会になだれ込んでしまいました。
飲んでる席の方が会議室より本音が出るので
これもまた良き事かも。

車を市役所に置いて来てしまったので
14日(土)の朝から取りに行ってきました。

しばらくモデルハウスで休憩と思っているうちに
お客さんが入れ替わり、立ち替わり。
うれしいことであります。

15日(日)は早朝から町会の年1回の草刈りに参加。
町会民総出で、地区内をきれいにします。

私は国本の滝から奥の山道の班での仕事でした。

山肌に山ユリが咲いていたので ↓ 
山ユリ2012
最近では固体がずいぶん減ってきているそうであります。

ユリ根は人間が食べてもおいしいですが
猿や、イノシシも好物らしいので
山肌のような所だけが生き残るのでありましょうか。

午後からは
鳶組合の総会に出席。
木遣りから始まる懇親会は
はしご乗りなど、伝統文化を守る皆さんの心意気に溢れています。
しかし
昨今の不況はこうした職人さんの世界に、深刻な影響を及ぼしています。
「意地と人情とやせ我慢」が心意気のトビさん達ですが
さすがに、これだけ不景気が続くと
鳶は食わねど高楊枝どころではなく、
背に腹は替えられないとなってしまいそうだという
弱音もチラホラあったような・・・

16日(祝)には
地元で新しい施設がオープン。

↓ 千葉日報の記事はこちら。

養老川漁協の皆さんが地域の活性化に一役買ってくれそうであります。
こうした、一つ一つの取り組みが
連動し始めることで
大きな効果が期待できます。
その為には 初めの一歩がいかに大切なことか。

市原市で予定されている芸術祭も
こうした一つ一つの積み重ねと、大きな連動をすることによって
地域に根差した成果があげられると思います。