2014年03月03日 もうすぐ中房総国際芸術祭

≪中房総国際芸術祭≫市原アート×ミックスの情報は
★←こちらから



自然の営みとはいえ
雪の中で咲き始めた梅の力強さに
里山の力強さを感じております。
雪の中の紅梅写真は2月の22日ころに撮影したもの。
雪の中で見事な花を咲かせ始めていました。
花を付けている枝のもとを見ると、
なんと、雪の重みで裂けているではないですか。
それでもきれいな花を付ける力強さに感嘆。

今回の雪では
山だけでなく、庭の植木も結構被害がありました。

朝生原もぐらハウス小湊鉄道の養老渓谷駅の近く、
朝生原と言うところでも、アート作品が準備されています。
写真はその一つの製作途中であります。

これがモグラの家になるんですが
果たしてどのような仕上がりになっているのでしょうか。

お楽しみは3月21日からのアート×ミックスの開催期間で確認してください。

トトロの駅として知ってる人には評判の良い
上総大久保駅には「森の入口」と名付けられた作品が。
大久保のトイレ建築途中で、雪で工事も遅れているようですが
本番前には間に合いそうです。

コンセプトは建築家の藤本壮介氏。
飯給(いたぶ)駅に作られた
「世界で一番大きなトイレ」の設計者です。

この「森の入口」から不思議?な里山の森に・・・

大久保の山チョットのぞくと
写真のような感じ。

実は、この駅は私が中学生の時に
普通に使っていた駅なのであります。
これまで
山とばかり思っていたのですが
地域の皆さんが手入れをして頂いたところ
立派な遊歩道ができそうな感じのところだったのでありました。
知らなかった・・・ふるさと再発見であります。







honkab at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)里の活性化 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]