2014年04月18日 いちはらアート×ミックスの楽しみ方

4月19日(土)牛久駅前では11時と14時の2回公演。
以前テレビで見たこともある 
何やら悲しそうなロボットになりきってパフォーマンスをするという
一度見てみたかったイベントを地元の有志の方たち主催で開催。

19日14:30と16時
20日(日)11時と14時
「光を投げる女」というイベント。
海外の評価が高いという不思議な公演らしい。


アート×ミックスも会期の半ばを過ぎ
残すところ20数日。

「晴れたら市原。いこう」だけに週末のお天気が気になるところです。

16日の水曜日。お昼過ぎに、たまたま里見小学校前を通ったら
バス停に50〜60人ほどが待っているではありませんか。
これまで10人ほどのバス待ちは見ていましたが
ちょっとびっくり。

そういえば ここの所すれ違うシャトルバスの乗車人数も
増えてきたような感じもしていただけに
来訪者も増えてきたのかも。

会期の前半で常設会場は一回りしましたが
それだけを楽しむのではなく、
ワークショップや日数限定のイベントに参加するのが
これが楽しいのであります。

F1000671写真は石神のわきたち祭の一コマ。
里山芸術劇場で4日間公演をした
とんで空静と切腹ピストルズ、
地元のおばちゃんたち&子供会による踊り子たち
が繰り広げる野外ライブであります。

見物人からの飛び入りもあり、
結構盛り上がったイベントになりました。

地元のおばちゃんたちは
早起きをして、お昼用にいなりずしや山菜入りのおにぎり、
てんぷらやらたけのこのみそ汁などまで用意。
「見物の人にまでふるまいたい」と大張り切りでした。
リーダー格の83歳は
「年を忘れてる。痛いところも忘れちゃった」と元気いっぱい。


これなぞは典型でありますが
参加した人だけが超楽しい思いをするのであります。

後で評判を知っても、すでに終わっているものもたくさんありますから
情報収集が大事になってきます。

里山芸術劇場の演劇も
4日間公演でしたので、すでに終わっています。

白鳥公民館改め里山芸術劇場では
この週末も、何やら外国での表彰歴がある、
よくわからないイベントがあるみたいですから
行くだけは行ってみようかと思っています。

行ってみなけりゃわからないというのがアート×ミックスの楽しみ方かもしれません。




honkab at 10:05│Comments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]