2015年01月16日 成人式に想う

今年の市原市の成人式は
1月11日(日)の開催でした。

同日に開催された消防出初式から
開会ぎりぎりに駆けつけた加茂会場の参加者は41人。

自分の時は200人でしたから
人口減少を実感してしまうのであります。

舞台で祝辞を述べるわけですが
正面の席に遺影と思われる写真が飾られていました。

学生服の写真を見て何やら胸に迫るものがありました。
だって、成人式を迎えられなかった人がいる。それも40人余りの式典です。

そいつの分までしっかりと人生を歩んでほしい。
幸せになってほしいと思ったら
なぜか説教ったらしい祝辞になってしまいました。



腕を組んでふんぞり返っている新成人男性がいました。

これから社会人として
いろいろ教えを受けないとならない場面もあるでしょうから

「腕組みは社会との拒絶を示している。人の話を聞く態度じゃないよ」

などと余計なことを…

脇のほうにぐったりと下を向いている新成人もいました。

「あなたの姿勢も人の話を聞く態度じゃないな」

などと余計なことを…


暮れの衆議院選挙には
初めての投票権を得た人もいたでしょう。
棄権も主義主張なんて言う人がいますが
選挙で選ばれる側から言わせてもらえば
棄権した人の意見に耳を傾けることはまずありませんよ。

などと余計なことを…

今を我慢して未来に負債を残さないということと、
未来に多少負担を残しても、今の財政を維持することの
どちらかを選択しなければならないとしたら

投票率の高い世代の主張を聞いてしまいがちなのが
選挙で選ばれる側の考え方としたならば
新成人の方たちの投票行動が
自分の生活や将来にかかわると思いませんか。

1票では何も変わらないといいますが
一つ一つの票が集まると
不思議なことに民意が表れてくるんです。

などと余計なことを…

honkab at 16:06│Comments(0)TrackBack(0)6.トモゾウ日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]