味噌味噌作りも二日目を迎えております。
大豆が煮あがって朝から温めているところ。
焦がさないように薪の調整が・・・
などと言いながら、結構アバウトなおばちゃんたちです。

一粒つまんでみると
ふっくらとした大豆の甘みが口の中に広がります。

大豆も
丹波だ北海道だなどと産地にこだわる方もいるようですが
千葉も「小糸在来」という古来種があったりします。
我が家の大豆はそこまでこだわっていないようですが
地元産であることは間違いないでしょう。


これから大豆が温まれば
つぶして麹と塩を混ぜて仕込みに移ります。
仕事の関係でそこまでお付き合いできませんでしたが
先が楽しみであります。

夕餉には
当然のことながら「豆造」があるはずでございます。