IMG_0496[1]心を無くすと書いて忙しいなどと申します。
慌ただしいとなれば、心が荒れるというところでしょうか。

← 労災病院の説明をされる院長さん。
  お忙しい中有難いことです。


忙しかったですが
心温まる一日でありました。

まず、朝一で
地元の小中一貫教育校「加茂学園」の入学式へ参加。
今年の新1年生は20名。
うち1名は 
自然豊かな環境で子育てをしたいという
都市部からの移住の方のお子さんも・・・

いつも参加して思うのですが
最上級生(中3)が1年生のチビちゃんの手を引いての入場になります。
心温まる風景です。

このチビちゃんたちが数年後には
こんなに大きく成長するかと思えば
学園への期待はいやがうえにも高まります。

祝辞で
保護者の皆さんには
市原市が子供たちの基礎学力定着に力を入れていること。
教職員の皆さんには
宝物のような子供たちの確かな成長をお願いしました。

昼休みもなく労災病院へ。
地域医療を調査する一環として
市原医療圏の基幹病院として頑張っておられる
病院の皆さんのお話を聞くことができました。

院長さんから医局長さん。救急、小児科、看護師それぞれの責任者。
事務方のスタッフまで。

資料も充実しており、お忙しいはずなのに、準備も怠りなし。
市議会、行政、代議士秘書も含めて20名には
もったいないくらいの講習会になりました。

準備をしていただいた病院関係者の皆さん。
段取りを組んでいただいた
議員2期生、特に小沢議員には感謝感謝であります。