IMG_0498[1]←左はフキの煮物。右側はタケノコとワラビのみそ汁。

最近、こうした野のものを食すると
田舎暮らしはいいものだと思えるようになりました。

フキの季節になると
地元の商店には「なまり節」というものが置かれます。
カツオがいいかサバがいいかなどと
家によって好みはわかれるそうですが
それを置かない商店は文句を言われるのだそうです。

シーチキンやサバ缶で代用してもいいのですが
野のものと海のものの取り合わせはよき味が出ます。

タケノコとワラビのみそ汁も
ヤツガシラが入り、ワカメが入ることで味わいを増します。
アサリが入ってもよき風味が出てきます。

ずいぶん前のことですが
産直で、ワラビを見て、目を背ける若い女性と「おいしそう」という女性がいました。
どちらが豊かな人生を送れるのかと考えたんですが・・・

そんなことを思い出させる春のごちそうでした。