pose_officechair_suwaru役所も人事移動からほぼひと月。
今回の移動は何となく大きかったような気がする。
部長と次長、ともに移動とか
国からも人材をいただいたり・・・

人材と言えば・・・

人を総称するのに 
材料の「材」を充てる漢字はいかがなものかと常々感じておりました。

財宝の「財」を充てて、≪人財≫なんてのはいかがなものか。

とは言いながら、財宝に例えられる人はどのくらいいるのだろうか?

組織の5%もいれば その組織は安泰、発展するだろうなどと感じてしまいます。

たまには 「人在」という人もいるのでしょう。
ただそこにいるだけの人。
毒にも薬にもならないが邪魔にもならない。





居るだけの人でも、
会議となれば資料もその人の分までそろえなければならないし
椅子もテーブルも一人前に使うのだろうし、
そのうえ、
居るだけの人も普通に給料をもらうんだと思うと
少しやるせない思いもします。

もっとやるせない人は「人罪」
居るだけで邪魔になる。足を引っ張る。組織にとっているだけで罪な人。

こんな人が増えたら大変でしょう。
でも、たまにいませんか?こんな人。

「悪〇3代祟る」などと申します。
悪〇が育てた子供は 当然真面な訳がなく、
その人が育てた子供もまた…

3代は覚悟しなくちゃならないから
教養があって性格も良く、人間性豊かな人と付き合いなさいということなんでしょう。

新人さんもようやく環境に慣れたころ。
上司、先輩と言われる方々も
「人財」 を育てるべく励んでいただきたいものです。

少なくとも悪〇のような先達にならないよう 
自分も身を引き締めなければと思う今日この頃なのでありました。