市原市議会議員 大曽根友三〜トモゾウ〜のBlog

トモゾウの日々感じたこと思うこと。 たまには市原市の行政ニュースや議会の動き。 本音が書けたら…

里の活性化

晴れたら市原に・・・アート2018春

アート2018春5月3日は朝にあいにくの雨。
昨年のアート×ミックスも初日が雨でした。

雨を連れてきたのは誰だ〜〜と叫びたくなりますが
新緑が豊かな里山で
ゆったりと流れる時間を感じながら
アートに触れてみてはいかがでしょうか。

春のアートイベントも
6日までとなっています。

≪イベントカレンダーはこちらから≫

いちはらアート×ミックス

アート2018春市議会議員なもので
特に、芸術祭による地域活性化を主導してきたと自負するだけに
少し辛口になってしまうかもしれません。

ご容赦を願っておきます。

まず標題。

「アートいちはら2018春」となっております。

第一回目(2014)の中房総国際芸術祭 アート×ミックスのプレイベントは
前年の秋に
「アート漫遊」という表題で開催されました。
若手のアーティスト数名が地域に入り、地域の方たちと作品作りを始めました。
本当に手さぐりです。

私も地元の作品作りのお手伝い(冷やかしともいうが)をさせていただきましたが
地元の人が作家に
「飯用意したから食ってけ」とか
「アニィ、これから東京に帰ェる?おせぇんだから泊まってけ」
なんて言うやり取りも見られ
作家と地域住民がともに作り上げる芸術祭という狙いの萌芽を感じたものです。

そして国際芸術祭「いちはらアート×ミックス」という名称も決まり、
そのあとのプレイベントは
確か 私の記憶が正しければ
アート×ミックス春とか秋とか言っていたと思うのでありますが
今回は アートいちはら になっている。

方向性が標題に現れるとするならば
どこに向かっているのか?
考えすぎか?

何しろ、1回目は 中房総国際芸術祭として名称に国際が入っています。
外国からのアーティストも参加しているから国際なんですね。

2回目は国際が抜けています。
予算の都合で国際をつけられなかったんです。

中房総という名称も
最初は 南房総に並ぶ総称として周知定着を目指したのでありますが
新潟や瀬戸内ほどの爆発的な集客に至らず
何となく尻切れトンボ的な流れになってきています。

では、芸術祭で地域はどうなったのかというと・・・

続きを読む

GWはアートいちはら2018春

アート2018春ゴールデンウィークの後半は
さとやまの芸術祭「アートいちはら」へ。

≪詳しくはこちらから≫

2014年に第1回 中房総国際芸術祭「いちはらアート×ミックス」として始まった
さとやまを舞台にした芸術祭です。

この頃は
新潟の越後妻有の大地の芸術祭、
瀬戸内海を舞台にした「瀬戸内国際芸術祭」と並ぶ
日本3大国際芸術祭にしようなどと夢は膨らむばかりでした。

第2回目の開催は昨年2017年。
市民とともに作り上げる芸術祭を目指して
市民会場も作られました。

そして
第3回目の開催も2020年、オリンピックの年に開催することが決定済み。
そこに向かって、イベントを積み重ねていくわけですが・・・続きを読む

アートいちはら2018春

ゴールデンウィークまで、2週間なんですね。
今年も里山を舞台にした芸術祭「アート×ミックス」のミニイベントを
開催します。

IMG_0500[1]昨日はキックオフイベントとして 
旧里見小学校に関係者が集まって
スタートに向けた会議がありました。

開催期間は
5月3日(祝)から6日(日)まで。

≪詳しい内容はこちら≫

南市原菜の花祭り

001恒例になっている
南市原菜の花祭りのチラシが届きました。
主催というか呼びかけ人は
南市原里山連合という任意団体であります。

小湊鉄道のトロッコ列車も走りだし、
鉄道沿線にボランティアの皆さんが種をまいた
菜の花も咲きそろったタイミングで
例年行われています。

今年は4月7日(土)8日(日)が開催日となりました。


急に暖かくなったせいか、桜は今が満開ですが
菜の花は咲いている期間が長いので
来週でも十分楽しめることでしょう。

牛久駅からの下り各駅で
地域の里山活動団体の方たちによるオモテナシが・・・
続きを読む

石神の菜の花畑では

002地域おこし協力隊の高橋君の
売店テントにお邪魔してきました。

土曜日にも顔を出しましたが
今日は うちの奥さんが作った「おからドーナツ」を提供してきたのであります。

お仲間で食してしまっても良いと思っていましたが
お客さんも食べたそうでしたので
提供してしまいました。

高橋君は菜の花油で揚げたポテトチップを販売しています。

本当は 今年の菜の花の種から絞る予定の菜の花油を
予約販売することが大前提なのですが
チラシを配るだけで、予約につながるかどうかは微妙な勢い。

油が売れることで 菜の花畑の維持に弾みがつき、
手伝っていただくボランティアの方がいれば
里の手入れがすすみます。
そんな好循環の一歩につながればよいと期待しているのであります。

今日の石神の菜の花

0023月17日午後の石神の菜の花畑です。
先週と比べて随分咲いてきました。

今日からトロッコ列車も走り始めましたし
ずいぶんお客さんも来ています。

地域おこし協力隊の高橋君が
菜の花油で揚げたポテトチップの販売も始めました。

今年の菜の花油の予約販売も一緒に始めています。

小湊鉄道の月崎駅と大久保駅の間にある
通称 野田堀の草刈りと植樹も今日が作業日でした。

暖かい春を迎えて、里山がにぎやかになってきました。

チバニアンの駐車場も今日から使われています。

チバニアンの駐車場が

051チバニアンの仮駐車場が、もうすぐオープンします。
駐車台数は普通車で約50台。
来週の土日あたりからの利用開始ではないでしょうか。
(共用開始日は予想です)

暖かくなって、菜の花が咲き始め、
トロッコ列車も走り始め、最寄りの月崎駅にもトロッコ停車が決まって、
駅員さんも配置されました。

少しずつではありますが
里がにぎやかになってきました。

来週は月崎駅から少し下った線路沿いに植樹もあります。

加茂地区でしか栽培されていない「加茂菜」もいよいよ漬物が出回り始めました。
お仲間に少しだけ配りますが
皆さんこの季節を待ちかねたといっていただきます。

チバニアンの周辺情報

052石神の菜の花畑の様子です。
まだまだ咲き初め。
それでも散策するカップルの姿やカメラを構える数人の方たちがおりました。

小湊鉄道のトロッコ列車が走り始める3月17日には
見ごろとなりそうです。

昨年、地域おこし協力隊の高橋君が
ここの菜の花の種から菜種油を試験的に採取してくれました。

今年は3月17日(土)から
高橋君が菜の花が見渡せる場所で
菜種油を使ったポテトチップを販売します。
今年の菜種油の予約販売も開始。
春を迎えて、里も活性化に動き始めます。続きを読む

チバニアン周辺の話題

IMG_0474チバニアンの最寄り駅である小湊鉄道、月崎駅に名誉駅長・駅員さんが就任しました。

写真は奥様もご一緒に記念撮影したもの。

勤務は月曜日と木曜日を基本に気の向いた時となっています。

何しろみなさん小湊鉄道のOBですでに退職された方々で、ボランティアですから。


土日、祝日はトロッコ列車も、もうすぐ走ることからそちらの係員が常駐する予定だとか。

最近テレビ等で話題になっていますので、結構、駅をご利用になる方も多いらしいのです。
そうしたことから、小湊鉄道さんの粋な計らいとなった次第。






QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ