ホンカ

2015年03月31日 里山が萌えてきました

F1000743石神の菜の花畑の迫力がすごい。
車を降りると 菜の花の甘い香りが・・・
一面の菜の花が咲き誇ると こんなに香るのかと
毎年のことながら思わせてくれます。

昨年はアート×ミックスでにぎわいましたが
今年もすでに多くの見物の方が来ていただいています。
周囲の皆さんのボランティアで
これだけの菜の花畑ができることも
見物の皆さんに知ってもらいたいところです。

テントでも張って
団子の一つも買ってもらって
菜の花畑の整備費用の足しにもしたらと思うのですが
整備にあたる皆さんの心意気で
これまでそんなこともしないできました。

まさか見物の方たちも
自然に出来上がったとは思っていないでしょうが
チャリーティーボックスの一つも置きたくなると思うのは
まだまだ修行が足りないのかも。

F1000744菜の花畑の近くにある
桜並木もつぼみが膨らんできました。
今度の週末には
桜と菜の花の競演がみられそうです。

4月5日(日)は大福山 山頂に鎮座する
白鳥神社の春の例祭です。

あそこの山頂から眺める春の景色がまたすごい。
自然のエネルギーをいつも感じさせてくれます。

房総の萌える立つ春の景色を感じながら
あそうばらの谷で田舎料理を楽しむ。
期間限定のこの時期の楽しみ方かもしれません。



honkab at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月26日 健康長寿の拠点

F1000741市原市 南部保健福祉センターが落成しました。
4月1日からオープンしますが
高齢化が進むこの地区の
健康長寿の中核として機能していただきたいものです。

施設には
市原市で初めての 歩行用プールがあり
ひざや腰に負担をかけずに運動ができるようになっています。

長野県が長寿県になったのには
長い年月をかけて 食から生活習慣まで
地道に健康づくりに取り組んできた成果があります。

南市原は高齢化率も高く
こうした施設を上手に運用すれば
健康で、生涯現役で活躍する皆さんが増えるはずです。

過疎地と言われますが
近くには 県立循環器病センターという立派な病院もあり
個人医院も5つ。
薬剤師や栄養士さんなども住んでいますし
地域総がかりで堅強長寿に取り組む体制が組めるはずです。

単なるコミュニティーセンターではなく
保健福祉の最前線としての機能を充分発揮していただきたいものです。

honkab at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月16日 本を読んで想う

中央公論社から2014年に発行された
「地方消滅」という本を読んで、少なからずショックを受けました。

元岩手県知事で、総務大臣まで勤められた
増田寛也氏が編集著作されたベストセラーです。

なんと、このまま何もしなければ
全国で896の市町村が消滅する可能性があるというではありませんか。

平成の合併で全国の市町村は1800余りですから、
約半数が対象になる計算です。

計算の根拠は 
出産可能な若年女性の人口減少が多いと推計される地域が
消滅につながるという事になっていて、
困ったことに、人口推計の数字は 結構、正確だという事なのです。

さすがに市原市は消滅の対象になっていませんが、
千葉県内のデータによると、若年女性の減少が大きい市町村は 
1位に栄町が入り、
2位に長南町。7位に長柄町、12位には大多喜町がランクされました。

なんと、加茂、南総に隣接する町が上位になっています。
ということは 
市原市全体は消滅の可能性が薄いとしても、加茂、南総だけでとらえると、
県内でも上位の地域だと考えられるのではないでしょうか。
 
続きを読む

honkab at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月29日 活動小屋が着々と

真夏の日差しの下、小屋づくりに頑張っているのは
国本一心会のKさんです。

荒れ果てた草地を草刈し、山から切り出してきた
杉の間伐材を柱にしています。

これからいよいよ屋根がかかるところになってきました。

F1000693
小屋のわきの木陰が涼しそうであります。
この木も
何年も放置されている間に成長した自然の木なのであります。

小屋の近くには山からの清水がチョロチョロト流れ
下流側には上総掘りの井戸の水が湧き出しています。

一枚だけ耕作されている田があり、
この辺りには 6月中旬から7月初めまで 蛍が群生していました。

この小屋が国本一心会の活動拠点になっていけば
会員の交流も増すでしょうし
来年にはホタルの観察会などもしっかりとできそうな感じです。

何の会でもそうですが
活動拠点と事務局の充実は欠かせません。

先日も市内の老人福祉施設の納涼会にお邪魔したのですが
そこの古くからの友人なのである施設長さんが
地域にお貸ししている部屋を見せてくれました。

地域ボランティアの事務局と
子育て支援のための部屋が隣接していて
地域活動の拠点としてしっかりと根付いているとのこと。

住宅地の真ん中に善意が集まる場所として
良いものを見せていただいたわけです。

一心会の活動小屋は里山の中の手作りの小屋。
こちらも、山の景色になじんで素敵な感じになっていくのではないでしょうか。



honkab at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月04日 祭りの後・・・思いつくままに

中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックスも5月11日に終演となり、
6月議会も6月30日をもって閉会。

書くことが結構たまっていますが考えがまとまらず

思いつくままに書いてみましょう。

◆アートミックス関連。

議会でも多くの方が質問に取り上げておりました。
全体的な印象では 好意的な感じでしたでしょうか。

いまだ主体の実行委員会から報告書も出ていませんので
数字的な細かい点に触れられないのが残念ですが・・・

来場者は約8万7千人。
会場ごとの集計ですから複数カウントになっています。
パスポートやチケットの売り上げは合計で2万2〜3千枚と言われています。

目論見は20万人の動員ですから
来場者数だけ見ると残念な結果といえます。

終盤の盛り上がりがもっと早く始まっていれば違った数字になっていたでしょうか。

3年後の開催がすでに決まっていますから
そこでの成功に向けて今からどうつなげていくかが問われるでしょう。

このイベントは参加した人としなかった人の温度差が非常に大きなイベントでした。
参加した人たちの熱が広がるためには
熱が冷めないうちに小さな芸術祭などを重ねることが必要だろうと思います。

作品自体は 他の芸術祭を体験した人たちからも「はずれがない」と高評価だっただけに
これからの取り組みが次の3年後に生かされるはずです。

◆高滝湖の花火大会中止。

地元の議員としてはつらいです。
大きな芸術祭の後に、長く続けられた花火大会の中止ですから
針のむしろになってしまいそう。

主体の観光協会の経営難という大きな問題が浮上したということなんですが
農、商、工、観の連携で地域活性化に取り組もうという矢先の
観光協会の決断ですから市原市の考え方の根底を問わねばなりません。

議会での質問にはなかったですが…
外郭団体の活かし方は結構大きな課題だと思うんですが。

◆市原初の女性議長誕生

慣例によりまして、6月議会で正副議長が交代しました。
小出議長から竹内議長へ。
副議長は私から宮国議員へ。

東京都議会のヤジどころか 市原市は性別にかかわらず個人を尊重しますので
議長選出においても 個人を選んだ結果ということです。

それにしてもどこかの県議会議員の号泣会見。
なんと言ってよいのやら。

市原市議会もオンブスマンという方に政務調査費について提訴されましたが
裁判所の判断は使用目的に合致しているという感じでした。

視察には積極的に行きますが
報告書もなし、温泉に100日以上なんて使い方はしていませんから。






honkab at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月02日 アートミックスには視察も来ます

中房総国際芸術祭「市原アート×ミックス」には
行政関係者や地方議員の方もいらっしゃいます。

先日も香川県の副知事さんはじめ、観光部署の方が見えてました。
私は、たまたま、里見小で観光担当の局長さんとお話をする機会があり、
そのあとで、これもたまたま朝生原で遭遇。
飛行機までお送りしながら
いろんなお話をすることができました。

なんといっても瀬戸内国際芸術祭は先輩ですし、
集客もはるかに多い大成功事例です。

市原市議会の特別委員会も視察にお邪魔して、
大変お世話になったこともありました。

・・・普通、議員の視察では市は市が、町は町がという感じで
   市の視察を県が受け入れるというのはあまりないらしい。

hikouki0502今朝も
飛行機のお客さんはどうだろう?
女子ゴルフのトーナメントも初日だし
交通事情や駐車場は?
と地域を見ておりました。

そこに、熊谷ナンバーの車。
降りてきたのはオジサン3人組。
てっきりゴルフのギャラリーが間違えたか?と思い話しかけてみました。

お話をしてみると埼玉県加須市の市議会議員さんでした。
「廃校利用の芸術祭の手法に興味がありまして」ということでの視察でした。
バスの時刻までのわずかな時間でしたが
お話ができてよかったです。

こんな交流もアート×ミックスの一つの魅力かもしれません。

honkab at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月01日 市原アートミックス 楽しみ方

アート×ミックスも残り10日ばかりになってしまいました。

まだ参加していない方、一回りしたくらいで解ったような感じの方に

少しディープな楽しみ方を・・・


各会場には
必ずと言っていいほど作家さんが駐在しています。
受付あたりで作品の狙いなどを聞き出すようにしていると
作家さんに繋いでいただけたり、
慣れた受付の方だったりすると作家さんより詳しく説明してくれたりします。

ただし 受付の方もボラですから必ずとはいきませんが・・・

P4190680たとえば
モグラTVのモグラさんは
作家さん本人が楽しみながらやっております。
13時から14時までは生放送中ですから
ゲストも一緒にいて、ライブ感も楽しめますし、
上からの声掛けに反応してくれたりします。

そういえば
先日はBS−TBSのカメラが入っていました。
ダブル中継みたいな感じになっていて
居合わせた人はまた違った楽しみ方ができたかもしれません。


小湊鉄道の中で演じられる
指輪ホテルの「あんなに愛し合ったなかなのに」は
土日、祝日のみの開催で 
結構チケット入手が困難になってきているらしいのですが
飯給駅の前と石神の菜の花畑
(すでに菜の花は終わって早苗になっていますが)
では地元の方を中心にしたエキストラががんばっています。
運が良ければ(参加人数によってです)
飛び入りでのエキストラができるかもしれません。

29日の石神のエキストラに飛び入りした女性お二人は
感動して涙なんかを流しておりました。


湖の飛行機も
飛行機に乗って何が楽しいのか
乗る前はわかりませんでしたが
乗ってみたら「なんか楽しい」のであります。

面白いのは
ボートがなかなかうまく漕げない人が多いこと。
見てるだけでも飽きません。
できれば応援のヤジをかけるくらいが楽しめるかも。

里見、月出のワークショップも面白そう。
情報を集めてください。




残りの10日間。
ライブで楽しんだ人は本当にいい笑顔をしています。

honkab at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月23日 わざわざコメントをお寄せいただいたものですから

コメントをお寄せいただきました。
有難いし、励みになります。

コメントへの返信とも思ったのですが
書いているうちに長文になってしまいそうでしたので
本文欄で思いを書いてみようかと・・・


≪コメント≫
朝日舞の事は知りませんでした。勉強になりました。
が、アートについては感性の問題か中々?

石神の金子さん、月崎の鈴木さん、昨日の大曽根議員、
本日の松本先生の「もぐらTV」をそれぞれ拝見もしました。
PR活動ご苦労様です。

その「もぐらTV」に月出工舎責任者を務められている
アーチストの岩間賢さんが出演されて、

1.期間終了後も引き続き取り組んで行かれると発言されておられる。
2.他のアーチストの方の中にもその様な方はおられるのか。若しご存知で有ればご教示下さい。
3.また、月出工舎のワークショップは続くようでもあり、
  岩間さんに興味があり、お話を伺いたいと考えているところです。



≪私の思い≫

月出工舎は、当初から期間終了後も活動拠点として
ワークショップを続けたいという希望で始まったと聞いています。
ほかのアーティストも
「せっかくのご縁ができたのですから」という感覚はお持ちのようです。

たとえば 
鈴木さんの地元の白鳥公民館と白鳥小にかかわっていただいた 
カンユンスさんやその演劇チームの方たち、
モグラTVの開発さん。飛行機のKOSUGEさん等々。

大久保駅前でシネマを使ったワークショップの人たちも「ここは最高」と言っていました。

与一郎桜のレジャーシートという作品の長谷川さんは
2年前のアート漫遊では 大久保駅の紅葉の飾りを作られた方です。
この人も市原いいですねと言っていただきました。

すべてのアーティストの方とお話ししたわけではないですから
断言までできませんが
皆さん好印象を持たれていると思っています。

ただし

たとえば月出も作品と場の雰囲気は 私は大好きです。
ゆっくりと流れる時間と焼き芋とピザが絶品なところがお勧めですが
位置の関係で集客に苦戦しているのは事実です。

あまりに集客が少なければ、当初の考えも変わる可能性だってあるはずです。

それと

若手の注目株ばかりがそろったといわれるアート×ミックスですから
アーティストの感性と目指すところも気にかけてあげる必要もあるでしょう。
彼らの活動範囲は「世界」です。

彼らにも生活や活動があるわけで、
そこと一致しなければならないのは自明でしょう。

もう一つ

アーティストの方とお話ししていて言われるのは
「ご縁ができたんですから、また呼んでください」です。

呼ばれれば という一言がついてきます。

誰が呼ぶのかな?責任者は?

これだけのお祭りを作るのは3年後。

間をつなぐイベントがぜひ必要だと思いますが
今回のアート×ミックスの大成功の勢いをかってという
弾みをつけたいところですが
集客は後半勝負という会期末に向かっています。

結論を言えば
現時点では流動的としか言いようがありません。

瀬戸内ではボランティアグループの「こえび隊」が
越後では「こへび隊」が
日常も活動を続けているそうですが
市原の「菜の花プレーヤーズ」がどこまで成長できるか
そこも甚だ流動的と言わなければならないでしょう。

多くの方が楽しくかかわりながら、地元住民が支え、行政が支援し、
という形ができればと思っています。

モグラの開発さんの地下に造ったスタジオを
会期後も移設して残したらという話が出ているそうです。

その話をするモグラさんは少し嬉しそうでした。

アーティストの方にもそんなうれしい思いをさせなくちゃと思うのであります。

漠然としてしまって申し訳ない。








honkab at 10:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年04月21日 アー×トミックスで週末も忙しく

20日の日曜日は

地元の高滝神社の春の例祭に御呼ばれしてきました。

宮司さんの朝日舞という舞の奉納と
題名は忘れましたが
巫女さんの舞の奉納もあり、
伝統文化と格式ある神事に触れてまいりました。

来賓でいらっしゃってた他の神社の神主さん曰く
「千葉県内で朝日舞がみられるのは高滝だけですよ」ということ。
有難いことでありますし、
ぜひ多くの氏子の皆さんにも見ていただきたいものだと感じた次第。

花嫁行列春のお祭りのもう一つの名物は
花嫁行列と稚児行列であります。

氏子の家に嫁入りした新婦さんと
幼児の方が
がお参りするのであります。

高滝神社は安産と子育ての祈願としても
地元では信仰を集めていますので
こうした行事が続けられているのでしょう。

伝統行事の一環として続いてほしい
華やかなひと時であります。


少しお神酒もいただきましたが
前から行かなくてはならないと思っていた
湖の飛行機に乗ってきました。

飛行機乗らなくちゃわかりませんと
作者である
KOSUGE1-16さんに
いわれていましたが
なるほど乗らなくちゃわからない。


KOSUGEさんも飛行機にいて
作品への思いなんかも話してくださり
2時間近くも飛行機の上で過ごしておりました。






honkab at 15:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年04月18日 いちはらアート×ミックスの楽しみ方

4月19日(土)牛久駅前では11時と14時の2回公演。
以前テレビで見たこともある 
何やら悲しそうなロボットになりきってパフォーマンスをするという
一度見てみたかったイベントを地元の有志の方たち主催で開催。

19日14:30と16時
20日(日)11時と14時
「光を投げる女」というイベント。
海外の評価が高いという不思議な公演らしい。


アート×ミックスも会期の半ばを過ぎ
残すところ20数日。

「晴れたら市原。いこう」だけに週末のお天気が気になるところです。

16日の水曜日。お昼過ぎに、たまたま里見小学校前を通ったら
バス停に50〜60人ほどが待っているではありませんか。
これまで10人ほどのバス待ちは見ていましたが
ちょっとびっくり。

そういえば ここの所すれ違うシャトルバスの乗車人数も
増えてきたような感じもしていただけに
来訪者も増えてきたのかも。

会期の前半で常設会場は一回りしましたが
それだけを楽しむのではなく、
ワークショップや日数限定のイベントに参加するのが
これが楽しいのであります。

F1000671写真は石神のわきたち祭の一コマ。
里山芸術劇場で4日間公演をした
とんで空静と切腹ピストルズ、
地元のおばちゃんたち&子供会による踊り子たち
が繰り広げる野外ライブであります。

見物人からの飛び入りもあり、
結構盛り上がったイベントになりました。

地元のおばちゃんたちは
早起きをして、お昼用にいなりずしや山菜入りのおにぎり、
てんぷらやらたけのこのみそ汁などまで用意。
「見物の人にまでふるまいたい」と大張り切りでした。
リーダー格の83歳は
「年を忘れてる。痛いところも忘れちゃった」と元気いっぱい。


これなぞは典型でありますが
参加した人だけが超楽しい思いをするのであります。

後で評判を知っても、すでに終わっているものもたくさんありますから
情報収集が大事になってきます。

里山芸術劇場の演劇も
4日間公演でしたので、すでに終わっています。

白鳥公民館改め里山芸術劇場では
この週末も、何やら外国での表彰歴がある、
よくわからないイベントがあるみたいですから
行くだけは行ってみようかと思っています。

行ってみなけりゃわからないというのがアート×ミックスの楽しみ方かもしれません。




honkab at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]