千葉

2014年04月23日 わざわざコメントをお寄せいただいたものですから

コメントをお寄せいただきました。
有難いし、励みになります。

コメントへの返信とも思ったのですが
書いているうちに長文になってしまいそうでしたので
本文欄で思いを書いてみようかと・・・


≪コメント≫
朝日舞の事は知りませんでした。勉強になりました。
が、アートについては感性の問題か中々?

石神の金子さん、月崎の鈴木さん、昨日の大曽根議員、
本日の松本先生の「もぐらTV」をそれぞれ拝見もしました。
PR活動ご苦労様です。

その「もぐらTV」に月出工舎責任者を務められている
アーチストの岩間賢さんが出演されて、

1.期間終了後も引き続き取り組んで行かれると発言されておられる。
2.他のアーチストの方の中にもその様な方はおられるのか。若しご存知で有ればご教示下さい。
3.また、月出工舎のワークショップは続くようでもあり、
  岩間さんに興味があり、お話を伺いたいと考えているところです。



≪私の思い≫

月出工舎は、当初から期間終了後も活動拠点として
ワークショップを続けたいという希望で始まったと聞いています。
ほかのアーティストも
「せっかくのご縁ができたのですから」という感覚はお持ちのようです。

たとえば 
鈴木さんの地元の白鳥公民館と白鳥小にかかわっていただいた 
カンユンスさんやその演劇チームの方たち、
モグラTVの開発さん。飛行機のKOSUGEさん等々。

大久保駅前でシネマを使ったワークショップの人たちも「ここは最高」と言っていました。

与一郎桜のレジャーシートという作品の長谷川さんは
2年前のアート漫遊では 大久保駅の紅葉の飾りを作られた方です。
この人も市原いいですねと言っていただきました。

すべてのアーティストの方とお話ししたわけではないですから
断言までできませんが
皆さん好印象を持たれていると思っています。

ただし

たとえば月出も作品と場の雰囲気は 私は大好きです。
ゆっくりと流れる時間と焼き芋とピザが絶品なところがお勧めですが
位置の関係で集客に苦戦しているのは事実です。

あまりに集客が少なければ、当初の考えも変わる可能性だってあるはずです。

それと

若手の注目株ばかりがそろったといわれるアート×ミックスですから
アーティストの感性と目指すところも気にかけてあげる必要もあるでしょう。
彼らの活動範囲は「世界」です。

彼らにも生活や活動があるわけで、
そこと一致しなければならないのは自明でしょう。

もう一つ

アーティストの方とお話ししていて言われるのは
「ご縁ができたんですから、また呼んでください」です。

呼ばれれば という一言がついてきます。

誰が呼ぶのかな?責任者は?

これだけのお祭りを作るのは3年後。

間をつなぐイベントがぜひ必要だと思いますが
今回のアート×ミックスの大成功の勢いをかってという
弾みをつけたいところですが
集客は後半勝負という会期末に向かっています。

結論を言えば
現時点では流動的としか言いようがありません。

瀬戸内ではボランティアグループの「こえび隊」が
越後では「こへび隊」が
日常も活動を続けているそうですが
市原の「菜の花プレーヤーズ」がどこまで成長できるか
そこも甚だ流動的と言わなければならないでしょう。

多くの方が楽しくかかわりながら、地元住民が支え、行政が支援し、
という形ができればと思っています。

モグラの開発さんの地下に造ったスタジオを
会期後も移設して残したらという話が出ているそうです。

その話をするモグラさんは少し嬉しそうでした。

アーティストの方にもそんなうれしい思いをさせなくちゃと思うのであります。

漠然としてしまって申し訳ない。








honkab at 10:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年04月21日 アー×トミックスで週末も忙しく

20日の日曜日は

地元の高滝神社の春の例祭に御呼ばれしてきました。

宮司さんの朝日舞という舞の奉納と
題名は忘れましたが
巫女さんの舞の奉納もあり、
伝統文化と格式ある神事に触れてまいりました。

来賓でいらっしゃってた他の神社の神主さん曰く
「千葉県内で朝日舞がみられるのは高滝だけですよ」ということ。
有難いことでありますし、
ぜひ多くの氏子の皆さんにも見ていただきたいものだと感じた次第。

花嫁行列春のお祭りのもう一つの名物は
花嫁行列と稚児行列であります。

氏子の家に嫁入りした新婦さんと
幼児の方が
がお参りするのであります。

高滝神社は安産と子育ての祈願としても
地元では信仰を集めていますので
こうした行事が続けられているのでしょう。

伝統行事の一環として続いてほしい
華やかなひと時であります。


少しお神酒もいただきましたが
前から行かなくてはならないと思っていた
湖の飛行機に乗ってきました。

飛行機乗らなくちゃわかりませんと
作者である
KOSUGE1-16さんに
いわれていましたが
なるほど乗らなくちゃわからない。


KOSUGEさんも飛行機にいて
作品への思いなんかも話してくださり
2時間近くも飛行機の上で過ごしておりました。






honkab at 15:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年04月18日 いちはらアート×ミックスの楽しみ方

4月19日(土)牛久駅前では11時と14時の2回公演。
以前テレビで見たこともある 
何やら悲しそうなロボットになりきってパフォーマンスをするという
一度見てみたかったイベントを地元の有志の方たち主催で開催。

19日14:30と16時
20日(日)11時と14時
「光を投げる女」というイベント。
海外の評価が高いという不思議な公演らしい。


アート×ミックスも会期の半ばを過ぎ
残すところ20数日。

「晴れたら市原。いこう」だけに週末のお天気が気になるところです。

16日の水曜日。お昼過ぎに、たまたま里見小学校前を通ったら
バス停に50〜60人ほどが待っているではありませんか。
これまで10人ほどのバス待ちは見ていましたが
ちょっとびっくり。

そういえば ここの所すれ違うシャトルバスの乗車人数も
増えてきたような感じもしていただけに
来訪者も増えてきたのかも。

会期の前半で常設会場は一回りしましたが
それだけを楽しむのではなく、
ワークショップや日数限定のイベントに参加するのが
これが楽しいのであります。

F1000671写真は石神のわきたち祭の一コマ。
里山芸術劇場で4日間公演をした
とんで空静と切腹ピストルズ、
地元のおばちゃんたち&子供会による踊り子たち
が繰り広げる野外ライブであります。

見物人からの飛び入りもあり、
結構盛り上がったイベントになりました。

地元のおばちゃんたちは
早起きをして、お昼用にいなりずしや山菜入りのおにぎり、
てんぷらやらたけのこのみそ汁などまで用意。
「見物の人にまでふるまいたい」と大張り切りでした。
リーダー格の83歳は
「年を忘れてる。痛いところも忘れちゃった」と元気いっぱい。


これなぞは典型でありますが
参加した人だけが超楽しい思いをするのであります。

後で評判を知っても、すでに終わっているものもたくさんありますから
情報収集が大事になってきます。

里山芸術劇場の演劇も
4日間公演でしたので、すでに終わっています。

白鳥公民館改め里山芸術劇場では
この週末も、何やら外国での表彰歴がある、
よくわからないイベントがあるみたいですから
行くだけは行ってみようかと思っています。

行ってみなけりゃわからないというのがアート×ミックスの楽しみ方かもしれません。




honkab at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月08日 里山は花盛り

市原市と君津市にまたがる大福山。

山頂に鎮座する白鳥神社に行ってきました。

4月6日が
ヤマトタケル伝説にいわれを持つ、歴史の長い鎮守様の春の例大祭でした。

F1000664毎年お邪魔しますが
山頂から望む里山の景色は
春の息吹そのものです。
山桜が咲き誇り、
鳥の鳴き声に詳しくない私でもわかる
まだ鳴き初めで、うまく鳴けない鶯のさえずり、
ほかにも
たくさんの小鳥たちの合唱が聞こえます。

冬の大雪のせいで 大きな枝が折れたのでしょう、
遠くから望むと、山がきれいになったように感じたりして、
自然の営みが感じられます。

アートミックスで芸術に親しみ、
少し足を延ばして
自然の懐に抱かれる。
そんな週末があってもいいのではと思うこの頃なのでありました。


honkab at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月22日 最近思う事

先日、
来る市議会選挙に立候補したいという
青年が訪ねて来てくれました。

選挙は来年の6月ですから
まだ1年半ある訳で、
「息切れしないように」と、ついつい余計なことまで話してしまったのですが
議員の仕事って何だろうと改めて考える機会にもなりました。

千葉市の議長さんと市原市の議長の協議で
都市計画道路である
平成通りの開通に向けた話し合いが進むことになりました。
千葉、市原双方の議会側が行政に働きかけるという事です。

3月に始まる「中房総国際芸術祭」市原アート×ミックスも
初回は別として、3年後の開催で、近隣の市町が参加するような
盛況が欲しいと思っていますが
これも、議会側からの働きかけが有効になってくるはずです。

圏央道の開通も
沿線自治体が連携しながら
活性化を図る取り組みが必要だろうし、それが効果的なはずです。

自分の市の事に真剣に取り組むことは当然ですが
近隣市町との連携も視野に入れるようなことも
議員の仕事の一つかもしれません。

以下は雑文ですので読み飛ばしてください。



駅や辻にノボリを持って立っているだけで
選挙に勝ちあがってしまうような風潮も見られます。
(それだけで勝てるほど甘くはないでしょうが・・・)

選挙で選ばれれば立派な議員です。

議員の本質が「選挙に勝つこと」ならば
有権者に受けるパフォーマンスに徹することが議員のお仕事かもしれません。

極端に言えば
議会の実務など何もしないで、有権者のお宅を訪問している方が
選挙での得票は絶対に増えます。

会ったことも話をしたことも無い人より、顔馴染みの方を選択するのは人情です。

もう10年以上前になるでしょうか。
私も議員ではないときに、あるご婦人に言われました。

私「何であんな変な奴が議員なの?」
ご婦人「○○さんは先生って言わないといけない存在。」
    「でも、□□はちゃん付けで呼べる人」
    「先生を選ぶかチャンづけで選ぶかは有権者の好みでしょ」
何となくそれも真理だと気づかされたところでありました。

お祭りへの関わり方もそれぞれです。
地域の活性化のためのお祭りを企画し、予算を付けて、継続できるように支援する。
お祭りが始まれば「主役は市民」に徹する人もいれば
裏方の仕事は一切やらないで
「私がやりました」と言いながら有権者の方と一緒に焼きそばを焼く。

どちらが受けるかといえば
裏方で努力した人より 焼きそばを焼いた方かもしれません。
だって、裏方の仕事はほとんどの人は知りませんから。

でも、議員の仕事のほとんどは裏方の仕事ではないのだろうか。 



honkab at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月20日 立志式

小中一貫教育校「加茂学園」で 1月16日に
立志式が行われ、地元議員という事で参加してきました。

かつての元服式、髪あげに因んだ催しで
7年生(中学1年)31人が全校生徒、来賓、保護者を前に
将来の夢や目標を宣言。

数え歳14歳の生徒達が
心身ともに大人への階段を上る中で
自覚を促す取り組みとしては効果的だと感じました。

IP140117TAN000010000具体的な夢や希望を訴える子供が大半でしたが
中にはまだ決まっていない子もいたりして、
個々の個性もちらりと見えました。

しかし、舞台上で、堂々と自分の言葉を話す経験は
14歳にとって、いい経験になったのではないでしょうか。

まだ14歳。
夢は夢として、希望は希望として、
大きく膨らませてほしいものです。

これからいくつもの現実を知り、小さな挫折を(本人達とっては大きいかも)
重ねて行くことが大人へと続くわけですから
こうしたけじめの取り組みは大いに評価したいものです。

honkab at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月15日 新春の恒例行事

例年行われております行事。

まずは11日の行われた「高滝湖マラソン」
高滝湖マラソン2014写真はハーフマラソンのスタート風景です。
大会運営の都合で2400名で受付を止めてしまうそうですが
今年も早々に一杯になってしまったそうであります。

北は青森、南は福岡からエントリーがあったそうですが
マラソン人気の根強さを感じます。

高滝湖をめぐる景色の良さと平坦なコースが
人気の要因かもしれません。

今年は市原市の市民マラソンとして40回目だそうです。
なんと40回連続出場の方がいらっしゃいました。

31歳から出場を重ねて今年は71歳でのエントリーです。
完走を考えての5キロコースに参加。
元気にスタートされていました。
40回のうちには危機が何度かあったそうでして、
ぎっくり腰と親せきの葬式が一番の危機だったとお話されていました。


12日は加茂地区の成人式。
成人式2014今年は32名の参加。
少子化の影響を感じます。

祝辞を述べるために登壇したところ
最前列に親しく付き合っていた後輩のお子さんがおりました。

事故で亡くなってしまった後輩でしたので、
立派に成長した姿を見たときに
少しウルっとしてしまいました。

立派に成長した姿をオヤジに見せたかったなと
ついつい舞台から声をかけてしまったので
祝辞も話の流れから予定を変更。

君のご両親は二人。
祖父母は4人。
一代さかのぼると祖父母の親は8人。
もう1代さかのぼれば16人。
順にさかのぼって行くと32,64,128,256,512,1024.

10代上がるだけで1024人の出会いが合って今の君がいるんだなどと・・・

そのつながりを次の世代につなげていく責任があります
みたいな話をしてしまったのでした。






honkab at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月08日 のどかだった正月の風情

今年の正月は
天候も穏やかで、皆さん長閑に過ごせたでしょうか。

高滝湖の正月は写真の通り穏やかな様子でした。
(1月4日撮影)
2014高滝湖の正月ワカサギ釣りのボートがたくさん出ていましたし、
防寒用のビニールハウスで
釣りを楽しむ方も大勢いました。

写真奥は
改装された市原湖畔美術館。
中房総国際芸術祭「いちはらアート×ミックス」の中心施設です。

中庭に併設されたピザのおいしい小さなレストラン。
集客はいかがなものだったのだろう?

本格的な石窯のピザは
地元の食材を使ったお勧めの逸品であります。
近くにお寄りの節は是非お試しあれ。

赤い橋のたもとにあるお寿司屋さん「千鶴」は言いネタ使ってます。
対岸のお蕎麦屋さんとお寿司屋さんもお勧めです。

高滝ダムの周りには
他にも、石焼ビビンバがおいしい小さなレストランや
本格手打ちのお蕎麦屋さん、なぜかくせになるラーメン屋さんなど
田舎なれども侮れない食事どころもあるんです。

あと、隠れ家のようなショットバーなんかもあります。

これから、芸術祭に向けて
知る人ぞ知るみたいな有名どころがプロデュースした
食の店舗も誕生する予定です。

アート作品もそろそろ製作の話が入ってきそうです。
そのうちアップしますのでお楽しみに・・・



何やらこれからの様子。
さっきスタッドレスタイヤに交換してきたところです。



honkab at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月27日 頑張れ消防団 ポンプ操法大会

加茂操法大会2013昨日は地元の消防団が
平素の訓練の成果を競うポンプ操法大会を
見てきました。

皆さん、4月から2カ月近くの期間、
仕事が終わった夜間を中心に
大会に向けての訓練をこなしての大会参加です。

全体に、
自分が現役の頃よりレベルが上がっているように感じました。

全国的に
阪神大震災から東北の大災害を経て、
消防団の存在が見直されているようですが
実際には団員不足が言われております。

私の地元でも
過疎化、高齢化が進むなかで、団員不足はやはり深刻になっております。

火災や防犯の予防活動や
実際の火災、災害出動に備えた普段の活動が主体ですが
実際には
PTAであったり、お祭りの担い手であったり、
地域の各種行事を担う若い人たちの集まりであります。

消防団で培った絆が
近い将来の地域に絆になって行くことを考えれば
団員不足は
地域の絆不足に繋がる様な気がします。





honkab at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月24日 中房総国際芸術祭 開催まで あと・・・

22日の夜に
いちはらアート×ミックスの説明会が行われました。
地元の市民団体や町会長さん達が
会場いっぱいに集まり、期待の大きさが窺われます。

但し、ほとんどの方が国際芸術祭を見たことがありませんので
「手伝いたいけど何をしたらいいの?」って言う感じでしょうか。

準備に当たる行政側も
総合プロデューサーの采配次第ですから、
なかなか具体的なことまで言及できないつらさがあるみたいです。

総合プロデューサーの北川さんも
瀬戸内国際芸術祭の関係もあるみたいで
まだ市原モードになっていないのかしらって勘ぐってしまいます。

まぁ 
芸術やアートって発想力だからその場で決めることも多いんでしょうが・・・

でも時間はどんどん進んでしまうので・・・

会議終了後、旧知のH氏とM氏と相談しまして
おせっかいの会を立ち上げることにしました。
とりあえず一杯やりながらいろんなアイデアを出して
あんな食材はどうだろうかとか
こんなお店に協力してもらったらオモシロイだとか
余計なおせっかいをしてみようじゃないかという会です。

だって
「良く解んないから様子を見てる」って感じの人が多いんですもん。


きっとここにしかないだろうという食材をひとつ。
↓ ふきのぬか漬けです。
ふきのぬか漬け多分、想像と勝手な決め付けですが
白鳥地域でしか味わえない食文化のはず。
それも 白鳥でもごく一部の家庭でしか作らないはず。
だって作るのは手間がかかるんですから。

わたしは昔から食べてるから珍しくもないですが
「この時期に、ここでしか食えないよ」とよく言われます。

そうした
地域の小さなお宝を拾い出して行こうというおせっかいの会が
ただの飲み会になるのか、何かの成果を上げるのか
誰も期待していないでしょうが
H,M両氏と組むと何か面白いことができそうな気がしております。

honkab at 09:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]