市原市議会議員 大曽根友三〜トモゾウ〜のBlog

トモゾウの日々感じたこと思うこと。 たまには市原市の行政ニュースや議会の動き。 本音が書けたら…

高滝湖

新しい路線バスが走ります

バス停久保高滝湖の近くのバス停です。
なんと、
人口が減り続けている南市原エリアですが
新しいバス路線ができたのであります。

子供たちの通学が主な目的ですが
観光振興を図っている地域だけに
圏央道開通(4月27日)をにらんで
観光客の利用も望みたいところです。

あと、増え続ける高齢者の方にもぜひ使っていただきたいものであります。

少しずつですが
南市原が変わってきています。

菜の花 今年も満開です

菜の花石神2013南市原は今年も菜の花満開です。
写真は石神の菜の花畑。
もともと荒れた田んぼだったものを
地域の皆さんが菜の花畑に生まれ変わらせました。

菜の花もこれだけたくさん咲くと
甘い香りが辺りに広がります。

NHKのBSらしいですが
宮部みゆきさんの「小暮写真館」がドラマになったそうで
撮影に来てました。

宮部さんの本の表紙は
小湊鉄道の飯給駅の菜の花でしたが
ドラマの撮影はすこし養老渓谷に近づいた石神の菜の花畑。

菜の花の中を小湊鉄道のディーゼル1両編成が通る場面を
30人くらいのスタッフで撮影しています。

もうすぐ田んぼに水を張る時期になります。
菜の花と水を張った田んぼの風情がなかなかのものであります。

今年は地元の方達の尽力で
近くに駐車場も整備されました。
ゆっくりと菜の花見物ができますよ。

小さな看板が付きました

滝の看板小川の流れるふるさとの景色を楽しんでいただこうと
地域の皆さんが整備をして頂いている
国本の滝ですが
この度、県道の入り口に小さな看板ができました。

観光協会の周辺地図に滝が書き込まれたことをきっかけに
「やっぱり入口が解んナっキャおイネっぺ」という事になったようです。

お隣の里山整備をしているメンバーの方の協力もあり
里山らしい案内看板となりました。

ここのところの温かさで
梅も咲き始め、菜の花もちらほら花を付け始めました。

もう少しで
南市原の里山も春を迎えます。

南市原のイルミネーション

月崎駅2012市民の森のイルミネーションも素晴らしいですが
小湊鉄道の駅に飾られたイルミネーションも

写真は月崎駅ですが
他の駅も対抗心で、年々進化しています。

牛久から終点の養老渓谷の各駅で
地元のボランティアの皆さんが飾った力作が楽しめます。

市原市内最大のイルミネーション

市民の森2012市民の森(市原市柿木台)のイルミネーションが
今年も華やかに点灯されました。

年々進化する飾り付けですが
今年も力が入っています。

山の中の谷あいに展開されるイルミネーションは
周りに明かりが何もないので
一層きれいに感じます。

点灯式には昨年を倍するような人たちが駆け付け
大きな歓声が上がっていました。

養老渓谷

渓谷モミジ2012関東で一番最後まで紅葉が楽しめる
養老渓谷ですが
今年も良い感じに紅葉してきました。

夏が暑く、
秋があっと言う間に冬が来たみたいな陽気ですが
気温の寒暖の差が大きい方が
紅葉には良いなどと言われています。

そんな環境の今年は養老渓谷も期待が大きいです。

今日は恒例の白鳥神社の秋の例祭でした。
生憎の雨で神輿が中止でしたが
道すがらの
靄に煙るモミジを楽しんできました。

加茂運動広場 落成式

運動広場開場式20年ほど前から計画されていましたが
建設予定地がなかなか決まらず
紆余曲折してきた運動広場が今回完成しました。

多くの地権者の皆さんのご協力を頂き、
高滝ダムを望む風光明媚な場所に
南市原のスポーツの拠点となる施設が誕生しました。

聞くところによると
すでに予約はいっぱいに近いとのこと。
過疎と少子化で心配していましたがまずまずの滑り出しのようです。

恒例になった市民マラソンの会場としても利用できそうですし
式典の会場では
圏央道の開通記念にマラソンなんてどうだろうと言う方もいて
新しい企画も湧きだしそうな雰囲気です。

多くの方に使っていただいて生きる施設ですから
これからの関係者の皆さんの手腕に期待大です。

高滝湖マラソン

高滝湖マラソンスタート恒例の高滝湖市民マラソンが好天のなか今年も開催された。

今回で37回目となる市民マラソンは
もともと元旦マラソンとして市役所前を会場として始まり、
平成14年の28回大会から
高滝湖畔を会場にするようになったということなので
湖上の風を感じながらの大会は今回で10回目となる。

参加者は北海道から沖縄まで、各地からエントリーがあり
2227名(うち市原市民911人)となったそうです。
それも大会運営の都合で
募集の途中で申し込みを打ち切ったとのこと。
年々申し込みが増えてうれしい悲鳴が上がっています。

高滝湖マラソンワカメスープこのマラソン大会の特徴として
大会運営に体育協会の皆さんはじめ
町会関係者や消防団など多くのボランティアが
かかわっていることはもちろん
おもてなしの心にあふれたサービスが多いのも
人気の一つかもしれません。

写真は具だくさんのしいたけスープ。
高滝湖畔に会場が移されてから
地元の方たちが提供してしていますが
今では大会の名物としてすっかり定着しています。
「毎年これを頂くのが楽しみ」という参加者もいて
そんな声を励みにこれまでつづいているそうです。

高滝湖マラソン大釜テントの後ろでは
大きな釜を4つ用意してスープを作っています。
大会運営のスタッフ用も含めて
3000食ほど用意するそうですが
最後には運営スタッフの分が足りなくなるほど。

確かにテント前には多くの人が集まり、
配るのが間に合わない感じでした。

お隣ではライオンズ提供の甘酒もあり、
他のテントでは
地元敬老会による農産物の破格なお値段の産直コーナーありで
来場された皆さんに
少しでも良い思い出を作ってもらいたいという気持ちが表れています。

心と体が温まる高滝湖マラソンの様子でした。



養老渓谷 紅葉情報

大福山2010112323日に養老渓谷・大福山にある
白鳥神社の秋季礼祭に行ってきました。
ここ数年は氏子の都合も考慮して
11月23日の祝日開催が恒例になっています。

朝のうちは雨模様だったので
大福山に向かう道すがら望まれた山々の紅葉は
霞がたなびいて、荘厳と言うほど見事でありました。

その景色だけは
ワザワザ見に行かなければ見れないものですので
何となく得をした気分でありました。

写真は祭礼が終わってから神社の下で撮影したものです。
山頂では紅葉もピークという感じです。

道々のモミジも
今年は特に色づきが良く、遠くから眺めるもよし、
樹の下から陽に透かされた赤を楽しむもよし、というところでしょう。

23日は天気のせいもあるんでしょうが
人出も少なく、代わりに車で県外ナンバーの方が走っていましたが
ハイキングコースは道も狭く、駐車場所も限られていますので
できることならば
歩きながら自然を満喫していただきたいと思います。

27日、28日の週末は小湊鉄道の養老渓谷駅近くで
パーク&バスライドもやっていますので
そちらの利用もお勧めです。

養老渓谷の紅葉情報

城山20101119関東で一番遅い紅葉と言われる
養老渓谷も いよいよ色づいてきました。

自分的には
昔(戦国時代)に砦があったと言われる
地元では通称「城山」を眺めるのが好きなのですが
小湊鉄道の月崎駅から柳川へ向かう
もみじが良いという人もいます。

その辺は好みですが・・・

11月23日(火・祝)には
大福山の白鳥神社で秋季祭礼がおこなわれます。

境内ではお昼ころから神輿も出されます。
田舎のお祭りを見たいかはハイキングがてら
いかがでしょうか。
(境内に上がる石段は少しきついですが)

氏子の皆さんによるトン汁サービスも行われます。
(多分)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ