HONKA

2014年07月23日 梅雨明け

梅干しとユリ梅雨明けに見られる田舎暮らしの景色です。
満開のユリの花とその下には梅干を干しています。

最近、こうした風景が
貴重に思えてきました。

実は、梅干し自体はあんまり好きではないんですが
田舎暮らしの夏の風物としては見逃せないんです。

そんな手間暇をかけるくらいなら
買ったほうがお安いってところでしょうから
梅干しを手作りする人も
里山暮らしの中でも、さすがに減ってきています。

「いい塩梅」って言うくらいですから
日本人の生活と梅干っていうのは
つながりが深いんではないかと思うのですが・・・

よく、生産者の顔が見えるような・・・なんて言われますが
作っているところから見ている梅干しなんて
貴重だと思えてしまうのであります。





honkab at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月22日 里の伝統 道普請

町会民総出の草刈りが連休中の7月20日(日)に実施された。
夏の恒例行事である。

町会作業幹線道路である県道はもとより、
生活道路の市道、赤道。
写真は生活道路ではないが
山奥につながっている市道。
最近までは奥で田を耕作していたが
今年は耕作も放棄されていて
人もめったに入らなくなっている道路である。

でも、道路の維持のためには草刈りをしなくてはならないのである
山肌から伸びてくる枝も切り落とさなくてはならないのである。

今年は曇り空で気温も上がらなかったので
作業をするには多少楽であったが
例年だと目がくらむような暑さと
シャツが絞れるのではないかと思うほどの汗がついてくる。

道のわきを流れる沢川のせせらぎの音と
みとりを通り抜ける風でさわやかな風情なのだが
作業となれば別物なのである。

この日は写真がモヤッとするくらいの湿気。
そんな中でも参加した町会民の皆さんは黙々と作業に打ち込んでいる。

作業は大変ですが
合間の休憩や終わった後の一杯で
コミュニケーションが深まっていきます。
同じ苦労をした者同士の連携というやつでしょう。

田舎の人間関係はこうしたことの積み重ねで深まっていくのであります。







honkab at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月10日 越後妻有 大地の芸術祭の

大地の芸術祭の開催日程が決まったようです。

2015年 7月26日(日)〜9月13日(日)の50日間だそうです。

参加するアーティストの名簿も見ましたが

いちはらアート×ミックスにも参加された方の名前がちらほらとありました。

何か、うれしい感じがします。

1年前に参加アーティストまで決まっているというのが
6回目を迎える国際芸術祭の歴史なんだろうと思います。

市原の場合は
アーティストがなかなか確定せず、作品も開催ぎりぎりまで製作でしたから
具体的なPRもできず・・・みたいなところがありましたから
うらやましい限りです。

大地の芸術祭には2回ほどお邪魔しました。

1回目はすでに開催時期も過ぎた「冬」の時期。
初雪が降るときでした。

2回目は前回開催のスタートの時。
じっとりとした暑さを覚えています。

なんといっても地元の方の楽しげな笑顔が素晴らしく
芸術祭の成功事例を見せていただきました。

それと
芸術祭の効果を一生懸命取り込もうという努力
特にスキー客が途絶えた温泉街が復活をかけるように取り組む姿や
名物へぎ蕎麦屋さんの賑わいは感動モノでした。

反面
芸術祭に背を向けるように
シャッターを下ろしたままの商店街や
かたくなに客を拒むようなサービス業の方の姿も見られたことを思い出します。


瀬戸内は昨年100万人の来場、
越後は前回45万人。

市原とは比べるべくもありませんが
大地の芸術祭の大成功を願わずにはいられません。





honkab at 11:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月29日 KO邸荷降し

荷卸10月29兼岡邸
KO邸の荷が到着。
なんと40フィートコンテナ3本なのである。
いつ見てもHONKAの梱包はきれいだと感心します。
建設地は養老渓谷に近いところなので
自然が豊かななかでホンカログの存在感が
いっそう引き立つのではないかと今から楽しみ・・・

荷降しのレポートは《ムーミンブログ》でもUPしています。




honkab at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月04日 里山通信締め切り

昨夜は「加茂里山通信」の締切日&編集会議でありました。
趣味の延長のような乗りで発行を続けて既に4年目。
仲間が居るから続くのだろうとしみじみと思うのであります。
しかし最近ではだんだん締め切りを守れなくなりつつあり、
最終の編集会議というのに紙面の半分位しか埋まらないていたらくなのである。
という友三もノートパソコンを持ち込んで必死に記事打ちなのである。
何とか自分の分は入稿しましたが今日中に入稿しなければならない担当が2名。
大丈夫か〜

《過去の加茂里山通信はこちら》


honkab at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月02日 粋なランプシェード

鵜沢ランプシェード
壷から光が・・・
陶芸家のUさんから
モデルハウスの新築祝いに頂いた
ランプシェードです。
友三は結構お気に入りです。
Uさんの常設展示場の「壷中庵」に飾ってあるものを頂いてしまいました。
値段は・・・
とても釣り合いが取れませんが
コシヒカリの新米と物々交換となりました。
Uさんありがとうございます。

《Uさんのホームページはこちら》


honkab at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月28日 ドーマーの骨組み

モデル ドーマー
ドーマーも骨組みができました。
ドーマーとは屋根の真ん中にある
鳩小屋のような出っ張りのことなんですが
(棟梁は本当に鳩小屋と言っている)
小さい出っ張りのくせに
採光と居住性に与える影響が大きいのであります。
外観としてもチョッとオシャレになると思います。
ホンカではオプションとして
数種類ご用意させていただいていますので
遠慮なくご相談ください。


続きを読む

honkab at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
資料請求・お問い合わせをお求めの方
ホンカ公式サイトへ
ホンカ房総・ムーミン阿部のブログ [別ページ]